心と波動の世界の質疑応答集

ネガティブな気持ちで波動改善しても大丈夫ですか

ネガティブな気持ちで波動改善しても大丈夫ですか。

(不安、イライラ、落ち着かないなど)


=====================================


この様なご質問をいただきました。

本来ならば、心を安定させ明るい心でするのが一番いいと思います。

他人様に施しとして行うのならば、なおさらそうだと思います。

しかし自分で自分に対して、波動改善をしなくてはならない時はどうでしょう。

自分で自分に対して

大概精神的に何かに追われているとき、切羽詰まったとき、行き詰まったときが
多いのではないでしょうか。

通常の良いときには案外、思ったよりも熱心にはしないものです。

本当に困ったときに人は、精神的にどん底かそれに近い状態で、何とかしようと
思い、実践します。

あるいは、その様なことの出来る人に依頼をします。

それが本音ではないでしょうか。

困るからするのです。

その時の精神状態が良いはずはありません。

その時に・・・

それは一番しなくてはならないときです。

その時に、もしその状態では効果がありませんでは、すべてに希望がなくなって
しまいます。


私の体験からですと、求める気持ちさえあれば、自分に対して、他の人に対しての
波動改善やエネルギー入れは、思いの外上手く行くことが多いのです。

これは何を意味するかというと、自分自身の力だけではないと言うことです。

その人を常に見つめてくださる天の存在が、その人の心の姿勢をみて協力してくれて
いるという事です。

苦しくても、どん底でも、心は常に天の世界に向けてください。

そうすればどんな精神状態であっても、救いの手は差し伸べられるはずです。

逆に苦しくて自暴自棄となり、不幸を恨み、人を恨み、妬み、挙げ句の果ては
恨みの心になってしまったとすればそれは別です。

その心が大きなスモッグを作り、天の人たちとの繋がりを遮断します。

そして、そのスモッグに応じたあの世のものが寄ってきて、ますますその人の心を
かき乱してしまいます。

その違いによって、人生の幸不幸が出来上がってきます。

それだけは気をつけてください。

それだけ気をつけられれば、どんな精神状態でも、というよりも、むしろその様なときに
積極的に行って、心が平常心になるように、エネルギーを蓄えてください。

※瞑想は、心の安定したときのみに行ってください。

波動改善や念ずるという行為とは、性質が異なりますので。

それは気をつけてください。


=====================================


お問合せ等は、こちらまでお願いいたします。

SE研究所
info@selabo.jp
tel 026-259-5567
fax 026-403-2201


=====================================


【SE研究所・ワークショップ】

【心と波動の世界・総合版】

【心と波動の世界・現象編】

【ダウジング通信講座実施中】

【SE研究所・フェイスブック】


【SE研究所・波動ショップ】
★ 結界セット 土地建物の浄化SEゴールドメタル





関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 心と波動の世界・質問集. all rights reserved.