心と波動の世界の質疑応答集

言ってることと、やってることが違いますね!!
--------------------------------------------------------------------------------

ある方から、こんなメールをいただきました。

お返事はしたのですが、最後にこの様に書きました。

「でも、面白い投げかけなので、これはブログに考え方を書こうと思います」

ですので、ブログに一つの考え方として書いてみました。


=============================================


こんばんは。○○です。

なぜ戸隠神社に行かれたのでしょうか?

言ってることと、やってることが違いますね!!

まあ人のことは言えませんが。

反論はご遠慮ください。

以上


=============================================


この方は、何か勘違いをされてしまっているようです。

言っていることと、行っていることを一致させることが出来たら、それはそれは大変すごいことです。

私自身も、言動一致になったらすごいな、と思います。

でも、どちらかというと日常生活の中では、言動不一致が多いのが私の現実の姿です。


それはさておきまして。

確かに、過去にというよりも、常々このような事は今でも、よく話をいたします。

神社仏閣に行って、そこにある神様仏様にお祈りしても、それはだめですよと。

それは偶像崇拝になるのと、ただ単にお願いになってしまうことが多いという事。


(それは願いが叶う仕組みにはなっていないからです。

会員さんには、会報CDのNo64の中で、「祈りと念の違い」という事でお話を収録してあります。

一つのものの見方として、参考にしてください)


そしてただ単に、お願いをさせるような御利益主体の場所には、人の短絡的な欲の念が集まりやすいのです。

また場所によっては、動物霊の棲み家になってしまったり、本来の目的とは違ってしまい、波動が落ちた場所になってしまうこと。

等々、様々な要因があるからです。


神社仏閣に行くこと自体が、どうかではないのです。

変な考えに囚われた、偏見を持ってはいけません。


それは、ほかの場所でも同じ事がいえます。

スーパーにしても、コンビニにしても、お店にしても、会社にしても、近隣の家にしても、劇場にしても、レジャー施設にしても然りです。

通常の日常生活の範囲でしたら、どこは行ってもよい、どこは行ってはいけない、ということはないはずです。

もし、そのようなことにこだわりがあり、またそのようなことで、人を批判的な目で見るのでしたら、それは心が小さいとしかいえないのです。

またそんな事をいちいち気にしていたら、逆に精神が病みます。

引き込もり生活しか、出来なくなってしまいます。

そうなったら、本末転倒です。


私が、なぜ神社仏閣に行ったのか。


その方は、その事でかなり私自身に、不満を抱かれているようです。

自分なりの見解を、書いておきたいと思います。

あくまでも、私一個人の考えです。

それを他の人に当てはめる気持ちはありません。


1 新年は、年という区切りの大事な節目です。


家で、ただ過ごすよりも、心を切り替え、新たな決意をするという意味で初詣に行くことはよいと思います。

実際に毎年、私もそうしています。

子供も連れていきます。

お互いに、気持ちの切り替えが出来るからです。


2 日本人のルーツを感じさせる場所なのです。


日本人の元々の心に触れる事が出来ます。

建造物から、ご神木を中心とした樹木から、その精妙な空間、空気から・・・です。

もちろん、心を込めて作った、神仏の姿からもです。

そこには、作り、奉り、守り続けてきた、という信仰心から生まれる真摯な心が感じられます。


3 そこにある神仏にお願いをしに行くのではありません。


今年すべき事、これからすべき事、自分自身で感ずる使命に対して全うできるようにするめ、その場所を通じて、天の世界に誓いを立てる場所にしているからです。

もちろん、自宅でもいいのですが、節目節目は場所を変えて心に緊張感を張り巡らすのです。


ですから、その観点から言うと、そこは願い事を叶えてくれるような、安易な場所になってはいけないのです。

本当は願いが叶うという事を謳って、商売をして欲しくないと思うのが、私の本音です。

ややもすると、そこに奉ってある神様、仏様にお賽銭と引き替えにお願い事をする、またお札を買う、お守りを買うということが、習慣となっています。

それは、本来の神社仏閣にある姿とは違います。


私の考える本来の神社仏閣という場所は


心を見つめ直す場所。

心を磨く場所。

心をきれいにする場所。

心を天の世界に結びつける場所。

そして、心の中で神の息吹を感ずる場所。


でなくてはならないと思っています。


高橋信次先生の著書に触れ、その事が分かったときから、私は目の前にある神様、仏様に対して祈ったことは一度もありません。

祈るときは、目の前に何があろうか、なかろうか関係なく、その瞬間常に、自分の意識は、一直線に天の世界に繋がるんだ、という気持ちでしています。

目の前のものは見ずに、心の中で遙か上空の世界を見ています。


ですから、その想いでいる限りは、どの場所にいても、祈りの場所は作れるのです。

どの場所でも同じなのです。

スーパーの休憩所でも、マクドナルドの中でコーヒーを飲みながら座っていても、同じです。


行く場所場所により、心が引き締まったり、ゆるんだり、またいやされたり、ということはあります。

しかし、それはあくまでも表面の話です。

それだけをみて、一方的な目で見ないことです。

心の中は、常にその人にとって理にかなった動きで、天にも通じ、またその逆の方の世界にも通じます。

どの場所だからではなく、どこにいても、一瞬一瞬の心の動きが、物事を決めていきます。


人を冷ややかな批判する目で見ても、その人にとって何も得るものはのはありません。

かえって、心が落ちるだけです。

人かどうかよりも、自分自身のあり方、心の向け方をしっかりと見つめて欲しいと思います。

人を見て、批判するのではなく、ならば、自分だったらどうするか、を常に考え、行動するところに、人間の成長があります。

この方の言いたいことは、分からないでもないですが、もっと本質的な事に心を振り向けなくてはなりません。



--------------------------------------------------------------------------------



【SE研究所・ワークショップ】

【心と波動の世界・総合版】

【ダウジング通信講座実施中】

【SE研究所・波動ショップ】

【SE研究所・フェイスブック】


関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 心と波動の世界・質問集. all rights reserved.