心と波動の世界の質疑応答集

FBより、ある方からの投稿記事のご紹介2

FBより、ある方からの投稿記事をご紹介させていただきます。


私は振り子を使っていますが、振り子がなくとも手の動きだけでできる技術です。

エネルギーはマイナスエネルギーは左回りに、プラスエネルギーは右回りに回っています。

そのエネルギーの性質を利用して、文字を通じてエネルギーの改善をするだけです。

(文字には、書いただけでエネルギーを発しています。穂苅先生が電話やスカイプを使って、また後日その方に波動改善を行えるのは、その人に向けて波動改善をしているのではなく、その人の「名前」から波動改善を行っているからです。

なので、私たちも、たとえば友達からこんな人がいてとか家族の方とか、自分がその方に会っていなくても、波動改善ができるのはその人の「名前」がわかればできることだからです。

(たとえ世の中に同じ名前の人がいたとしても、その人に繋がる〇〇と意識すればそれで限定できます)

本当に不思議ですよね。

本当に本当に・・。

私が波動を学んでいることだけで、目に見えないものを扱うからと、怪訝に思いで見る方も多いと思います。

この半世紀、高度経済成長に伴って物質社会にどっぷりと浸かり、お金と物質が物事を測る物差しの中で人を測り自分を測って来た価値観の中では、また科学が進化しているけれど公表されているものだけが最先端ですべてと信じ込まされている私達には容易には認めることができない、受け入れることができないと思います。

でも、多くの方が、自分も含めて『波動改善』をしたことで体の不調が改善されたり、物事が良い方向へ転じているのですから信じざるを得ません。

これは理屈ではないです。

でも、私たちはそれを検証する技術も実験する資金も場もないけれど、巨大な資金と権力を持っている人々は、既にこのエネルギーの原理を容易に、大規模に使うことのできる技術を持っていると言われています。

フリーエネルギー(水空気など無限にあるものを利用する)の技術を見出して世の中に出そうとしニコラ・ステラなどの技術者が無きものにされ続けて来たのは、それが普及したら石油が売れなくなる。

貨幣の仕組みで動かしているものが動かくなくなってしまうからですね。

このような長大な事例でなくとも、私たちが生きて行く上で、この技術を生かすことは、自分自身と周りを助けて行くことに繋がります。

それは、数々の体験例が先生のブログに書かれていますし、上越で勉強会を始めて1年半が経ちますが、来られた方々の中に改善例が多数(深刻な事例も含めて)あり、既に悩みや問題が解決していています。

信じるか、信じないか・・ではなく、信じざるを得ないんですね。

この技術を誰もが自分でできるようになったら、きっと医療費も削減でき、不要な治療や検査、薬が要らなくなる。体傷つけて検査せず、数値が出る前の状態で病原を探り出せる。

手術した後であってもたとえばがんならばきちんと取り切れているかを調べることができる。

転移を調べることができる。自分に合わない薬、食べ物もエネルギーの質を変えることで摂ることができるように、また自分にとっての適量を調べることができる。

ともかくあらゆることがエネルギーの質を調べ、変化させることでことで可能になる可能性があります。

そして心の問題もエネルギーの問題なので、薬を投与するだけしかなかった医療に光が当てられます。

ただ、波動改善でプラスのエネルギーを入れる時に太陽のエネルギーを取り入れるのですが、自分の意識、心が曇っていると光が入りにくく、入れても少ししか入らなかったりすることがあります。

それは自分の意識に今まで経験してきた中でごびりついてしまった心の曇り、悪い思い、感情があるからです。

それがたとえ今この瞬間から善に生きたとしても過去のものは、その曇りを取り払わないとだめ(+_+)なんです。

だから善に生きるのはもちろん、過去の自分をも振り返り「反省」すると言う心の曇りを取り払う心の作業がとても大切になります。

ただし、それも生まれてからの過去に遡ってマイナスが滞る時代にあるマイナスエネルギーを取り除き、プラスエネルギーを入れると言う作業をして行けば、曇りが取り除けて行きます。

『波動改善』を行うことは、自分の心と向き合い、「悪」を見つめる作業でもあります。

勉強会が「心と波動の・・」と掲げられているのは、その所以です。


~続く~


関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 心と波動の世界・質問集. all rights reserved.