心と波動の世界の質疑応答集

4月19日品川ワークショップの感想より

今回は、身の回り品の測定方法と波動改善です。

ただ単に、ものの波動が良いか、悪いかという二者択一だけではなく、その中の中身を
みた場合、なにが良いか、なにが悪いのかという分析能力と、洞察力を養わなければ
なりません。

ここでは、三分割法というものの考え方を中心にして、一つのものから枝分かれさせて
いくように分析し、ここの情報に分解した後、総合判断としてこの一つのものから、どんな
情報が導き出されるかを、実技を通じて行ってみました。

分解した情報は全て数値化にしてみる。
その数値に表れた情報を、一つの文章にしてみる。

ということも行い、最後にみなさんに発表会をしてもらいました。

このような考え方は、日常の思考にも必要なことなので、是非身につけていただきたいと
思います。

三分割法は会員ページに入れたいと思います。

以下、感想です。


物の持つ波動の分類の仕方が良くわかりました。

自分だけではなく、他の人とオーリングテストも交えて、より正確に測定できることも
知りました。

数値化、問題点の発見、そして総合判断することで測定した物をより的確に判断できる
ことが判りました。

大変勉強になりました。ありがとうございます。

「身の回り品の測定について」情報を分解してみる方法は、改めて大事なことであり、
又その分解方法によってでてくる結果の内容がより詳しいものになってくると思われる
ので、その分解の仕方はとても大事なことと感じました。


H27419品川2


次回の品川ワークショップは、5月24日、第四日曜日となります。
土地建物の波動測定方法と、波動改善方法について


--------------------------------------------------------------------------------


【SE研究所・ワークショップ】

【心と波動の世界・総合版】

【ダウジング通信講座実施中】

【SE研究所・波動ショップ】

【SE研究所・フェイスブック】



関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 心と波動の世界・質問集. all rights reserved.