心と波動の世界の質疑応答集

ワークショップで心行の解説をしました

心行の原文は難しくなかなか理解できませんでしたが、今回かみくだいて簡単に説明していただきよかったです。

すごく良い内容の話を聞かせていただいて為になりました。
初めての参加でしたが最後の1時間はもう一度聞き直したい内容でした。

心行は人間の生きる上で絶対に必要な心の持ち方です。
よかったです。しかし難しいです。

私の課題は宇宙の真理を心の言霊によって表現された心行を、我欲の出ない自分になっていかに素直に接するかです。

数年前に聞いた解説とは違った印象でした。
今回は冷静な感じがしました。
どっちが惹きつけられるかになると前の方かな、とも思いますが、今回の方が深さがありました。

高橋信次先生はすごい人ですね。
娘さんの桂子さんには一度 大きな会場で、お話しを聞いたことがありました。
いつもありがとうございます。

この世に生きていることが大事! なるほど~と思いました。
この世でいろいろ勉強して吸収して、少しでも上の世界に行けるように、心を綺麗にしようと思いました。

自分の魂を磨くためにこの世に生まれてきてるのに、いつまでたっても戦争や争い殺人などがなくならないのは不思議です。

守護霊というのは 亡くなった先祖だとか思っていました。

あの世に行ったら何をしてきたか聞かれる!!?
やばいです。 何もない。
やっぱりボケーっと生きてちゃいけませんね。

感謝、 反省(過去)
毎回このような話しを聞いていると、少しずつ気持ち考え方が前向きになっていると思います。

心行の真の意を理解し実践することこそ、生きている意味を実感することだと思いました。

過去世から来世までつながっていることを理解し、あの世の仕組みを理解していけば必ずいつか地球上にユートピアが出来るのだと思います。


以上7月20日の長野と7月21日の品川ワークショップでの感想からの抜粋でした。
今回は高橋信次先生の説かれた心行をテーマにその解説をしました。


過去にも同じテーマで何回かやっておりますが、その都度即興でやりますので、解説の仕方も毎回違っておりますが、参加される方も、それぞれの思いで受け止めていただいているようです。

参加された皆さんも色々な気づきがある、貴重な時間を共有していただいたのではないかと思います。

心行というものを通じて、決して今だけの人生ではない、もっともっと永遠の生命の流れの中で今があるという視点から見た人生観を、お互いに持っていけるようになるといいのではないかと思います。

その中で得られる人生の意義、世界観により、物に対する共有の仕方も変わってくるのではないかと思います。

現実は相も変わらず、途切れることもなく世界中で多くの紛争が起きております。

領土問題や石油を筆頭としたエネルギー問題、世界企業とされる大きな力によって独占支配されるような資本主義の持つ構造的な問題、他にも政治がらみの色々な利権も働いている様です。

しかしそのような問題も、お互いの持つ世界観が大局的な、宇宙的な目に変わっていけば、やがては平和なユートピアの時代がやってくると思います。

そのためにはまず、自分自身の心の内面の静かなる革命、改革からしていく必要があると思います。

必要なのは心の平和と心の調和、生死をこえた世界観だと思います。

それが自然に外側に広がることで社会秩序の平和的安定と、貧困(経済、知識、教育、モラル等による不平等)が無くなる意味での、人間としてお互いに尊敬を持った、平等なる社会の実現になるのだと思います。

それは他人に強要するものではなく、まずは自分自身の心を変えていくということだと思います。

自らの心を変えていく人たちが、多くなったら多くなった分だけ、それに比例するように世の中は確実によい方向に変わっていくでしょう。

心の平和と社会の安定は、両輪の輪の様なものだと思います。

想像ではありますが、高橋信次先生の求める世界もそこにあったのではないでしょうか。


--------------------------------------------------------------------------------


【SE研究所・ワークショップ】

【心と波動の世界・総合版】

【ダウジング通信講座実施中】

【SE研究所・波動ショップ】

【SE研究所・フェイスブック】


関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 心と波動の世界・質問集. all rights reserved.