心と波動の世界の質疑応答集

○○は超意識からのメッセージ? -2
前回からの続きです。

前回のようにお返事させていただきましたところ、
また、このようなお返事をいただきました。



おはようございます。

いつもお世話になっております、○○です。

エネルギー、ありがとうございます!
痛みどめの薬の効きが急によくなったのか?と思ってしまっていましたが、
先生がエネルギーを入れてくれていたのですね!
納得しました!
エネルギーを入れるというのは、こんなにすごいんですね!

やはり先生にお話しさせて頂いてよかった。
とても心が落ち着きました。

高橋信次先生のお話も、とても心に染みました。
「愛の無い人に心の法則を教えてはいけない」
なるほど…と思いました。

今はいろんなテクニックや知識が簡単に手に入る時代になって
深く意味も分からずに、実際に自分が汗水たらして学ぶのではなく
本やネットで得た知識で、分かったようになってしまうという罠に気付かず、
よしんば気づいたとしても、お金や権力、名声のために気付かないふりをして
そういう知識を「愛」の名のもとに振りかざす人が多くなっているのだと
そういうことなのですね!

先生の言うとおり、そういう人たちの話には耳を貸さないようにします!

これからフーチを学んでいくにあたって、
いい勉強をさせてもらったと思ってとらわれないようにします。


腰痛の原因になっているものを、色々考えてみました。

私は断ることが出来ず、しかも断れない理由の一つに、人からよく思われたい、
頼られたい、必要とされたいという気持ちがあるのかもしれないと思いました。

そして、自分自身がきつかったり疲れたりしていても、頼まれれば引き受け、
無理ではなく無茶をすること、体を酷使することが多かったこと。
そして、その後に、体を労わるとか休憩するということもなく、凝りもせず
また次のことを引き受けること。

動かねばならないときと休むべき時というのをきちんとしていなかったこと。

つまるところ、自分自身を、特に体を全く大事に扱っていなかったことに
気付きました。

あと、こじつけか もしれませんが…
私はフーチを学んで、それをお仕事にしたいと考えていました。

どうせ仕事をするなら、人様のお役に立てることを(もちろん、あらゆる仕事が
尊いということは分かっています)ということと、実際に私が学んできて、
驚くほどのスピードで(自分で言うのもなんですが…)色んな気付きと成長が
あるように思います。
なので、たくさんの方にこのフーチを広めたい、そんな気持ちでいました。

ですが、バイトに忙しくしているうち、そういう気持ちが少し薄れたというか
バイトでやっていけばいいや…のような気持ちになったりもしたことがありました。

腰は体の中心で、とても大切なと ころだけに、
私の中心が少しぶれてしまったのかとも。

ですが、良い方で考えると、腰が痛くてあちこちと動きが取りにくくなった分、
フーチの勉強に時間がさけます。

何しろ気の短い部分があり、一足飛びに行ってしまいたくなる性格もあり、
これまでの部分を何度も何度も繰り返し、じっくりと自分に落とし込むには
最適な状況です。

痛い部分にエネルギーを流すという、自分の体を使った人体実験もできますし。


ところで先生、自分で自分にエネルギーを流すというのもいいのですが、
先生にやってもらうと、もっといいです。

それは先生だからエネルギーの量が違うというか、純粋さが違うというか
そういう違いももちろんあると思います。

後は、誰かからやってもらうと「愛」や「思いやり」というエネルギーもプラスされて、
贈られているのではないかと思いました。

もちろん、自分自身に流す時も「愛」と「思いやり」もプラスはされるのでしょうけど、
何だか違うのです。

自分で体のマッサージや肩もみしてもあまり気持ち良くなく、
でも、誰かに(たとえそれが力のない子供だとしても)やってもらうとことのほか
気持ちイイ何だかそんな感じです。

長文になり、失礼いたしました。
お読みくださり、ありがとうございました。


ということでした。
またまた、私からの返事です。


○○様

メールありがとうございます。

腰の具合大丈夫でしょうか。

良くなっても、そっと労わりながらしばらくは過ごしてくださいね。

○○さんの言われるように、今は情報も早いし、知識の吸収も昔に比べたら、
質も量もの雲泥の差でしょう。
でも、それで心が向上するわけではないのです。

だから、知ることを知ることは大事ですが、それ以上に心も豊かになっていかなければ
ならないですね。

知識と理屈が先行して、心の中にいたわりや、相手に対する思いやりがないと、
いつの間にか、

「正義の顔をした悪魔」

になってしまいます。

今、マスコミや知識人といわれるような人たちに先導されて、わたくしたち国民全体が
そのようになりつつあるように感じてしまうのは、私だけでしょうか。

いつの間にか、日本人本来のおおらかさからはずれ、全体的にヒステリックな空気が
漂っているような気がしてしまいます。

少なくても、人の困っていること、欠点、失敗、ミス、過ちに対して、いたわる心もなく、
正義のナタを振り下ろすことだけはやめたいものですね。

これは、毎日意識していかないと、いつの間にか・・・と頭の中が、世の中を先導する情報に
洗脳されていってしまいますから、自分自身の心の成長のためには、何が必要なのかを
しっかりと考えて生きていきたいものです。


腰についての原因を考えられることはとても良いと思います。

その生活習慣や、日常の思うこととそれに伴う行動に、誤りがあれば、それは二度と
繰り返さないという気持ちで、改めながら、適切な治療をされていけばよいと思います。

またエネルギーを入れるようにしますので、お大事にしてくださいね。


・・・と、そのようにお返事をさせていただきました。


腰のほうはといいますと、その後でこのようなメールをいただいております。


再度、エネルギーを入れて頂いて、ありがとうございます。

本当にかなり楽になっています!


よかったです。少しでも貢献できたことは、とてもうれしいことです。




【SE研究所ホームページ】
http://www.selabo.jp/

【心と波動の世界・総合版】
http://sefuti.seesaa.net/

【ダウジング通信講座実施中】
http://www.selabo.jp/tushin/info.html

【SE研究会・ワークショップ】
http://sefuti.seesaa.net/category/7282764-1.html

【SE研究所・波動ショップ】
http://selaboshop.cart.fc2.com/
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 心と波動の世界・質問集. all rights reserved.