心と波動の世界の質疑応答集

1月20日品川ワークショップの感想です

1月20日に行いましたSE研究会・品川勉強会の感想です。

今回は、高橋信次先生の残された、「大自然の波動と生命」より、
生年月日から割り出す生命の波動の描き方を中心に行いました。

この理論は、一つの法則として、信号のように、人生のリズムは、
赤→青→黄→赤と循環しているという理論に基づいて、組み立てられています。

常に3段階に変化する。
そして、その変化する期間は、3日、3ヶ月、3年と3つの単位で変化していく、
というシンプルなものです。

それによって、人生の浮き沈みの波が生ずるというものです。

ただし心の波動が高まっていけば、そのリズムはあってもその影響下から
離れていくはずです。

逆に心の波動が低ければ、常に大きくマイナスの時期に引っ張られてしまうということに
なってしまいます。

生命のリズムを知り、それを味方にするのは、活用する人の知恵であり、
日常ですべき事をするための行動パターンへの工夫であります。

ただ、その事よりもその影響下から離れるためには、心の位置をどのようにしていくか。

どのようにして心を高めていけば、そのような波から脱却できるかということを考え、
そして自分自身を見つめながら、己の向上を目指していく方が、大事だと思います。


お釈迦様は、それを「解脱」と言われております。
その運勢のサイクルから離れることができるから、占いは必要ないと言われました。

それは、おそらく占いそのものの否定ではなく、その事で心を翻弄する時間があれば、
そんなことよりも、少しでも天に近づくように、心の段階をあげなさい。

そうすれば、そのような事、そして生老病死の苦しみからも解放され、
自由な心で人生が描けるのだよ、と言いたかったのではないか、と思っております。

そのような観点でぶらさずに、学んでいっていただければと思っております。

知ることは知り、しかし当てごとには走らない、これが大事だと思います。

以下戴いた感想です。


波動改善を粘り強く継続することで転換が起こるという事例を紹介頂いて、
ありがとうございました。
途中であきらめて止めてしまった事が何度かありますので、
もう一回挑戦してみたいと思います。

高橋信次先生が言われた内容を、再度やらせていただきまたが大分忘れていました。
ですので、やって大変良かったです。

繰り返してやることは、自分の見方が変わってくるので、大切なことと思いました。

今回の私のポイントが、プランニングシートの内容
(私の心が前向きで謙虚になりましてありがとうございました)でしたが、
本日のセミナーの内容全体が、この私の課題の助けになったように思います。
ありがとうございました。

人は自分から選んでこの世に生まれてきている。
この出来事に対しての感じ方が、本日変化しました。

今までは、当たり前の事が、素直に心に入って来なかったように思えますが、
本日は、素直に入ってきました。
ちょっと感動しました。

今日の勉強会も、とても今後役に立ちそうなので良かったと思います。
周りの方との調和がとれるよう、参考にしたいと思います。


この内容のレポートを作成しました。
A4で全21ページです。
ご希望の方は、お問い合わせください。

次回の品川勉強会は2月17(日)です。
長野市の勉強会は2月24(日)です。

興味のある方は、是非お出かけください。


【SE研究所ホームページ】
http://www.selabo.jp/

【心と波動の世界・総合版】
http://sefuti.seesaa.net/

【ダウジング通信講座実施中】
http://www.selabo.jp/tushin/info.html

【SE研究会 心と波動の勉強会】
http://www.selabo.jp/semi/info.html

【SE研究所・波動ショップ】
http://selaboshop.cart.fc2.com/



関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 心と波動の世界・質問集. all rights reserved.