心と波動の世界の質疑応答集

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想念は波動として無限大の速度で無限に遠くまで伝わるのか
ある方からのご質問メールです。
なかなかというか、突然にこのような難しいご質問のメールをいただきました。

哲学問答のような内容ですが、この様にお返事をさせていただきました。

捉え方については、それぞれあるとは思います。
あくまでも私の個人的な見解で、お返事をしています。


大自然の波動と生命」は、信次先生の書物のなかで、
唯一、波動についての説明がある書物ですね。

短くまとめると、
「想念は波動として無限大の速度で、空間的にも時間的にも(過去や未来にも)
無限に遠くまで伝わる。心に抱いた想念は実現する」
ということを信次先生は言っていると思いますが、どうでしょうか。


============================================

確かに大自然の波動と生命は、他の本と違い具体的に波動について書かれていますね。

信次先生の言われている事で、印象的なのは、確か「想念はモノをつくる」と言うことです。
曖昧な記憶なので、違うかもしれません。

あと、想念は無限大の速度で・・・というのは、私流に考えますと、想念というか、
意識は全てをくまなく包み込んでいると言うことです。

だから、一点から伝達して伝わっていくというよりも、すべての場所に同時に反応が起こる、
波動としてはすでに、どの場所にも同じ情報が存在しているというような気がします。

色々な人から頼まれてよく、遠方の人の波動測定や波動改善もしますが、

ここに居ながらにして数百キロ、あるいは先日はロサンゼルスの方がスカイプを使って、
相談の電話をされましたので、1~2万キロは離れている思いますが、

話しながら、当たり前のように相手を通じての、ある方の状態が波動として分かってしまい、
またエネルギーを入れることが出来るというのは、

上記のような仕組みで成り立っているからではないでしょうか・・・

と考えております。

ですから、中心から近いか、遠いかというのは、物理的にはありますが、
エネルギーで全てを包み込んでいる姿からすれば、関係なくなると思います。

それが、表現を変えると瞬時にとか、想念は光より早い、あるいは無限大の速度で・・・
という表現になるのだと思います。

人体でも、例えば痛みについても、心臓に近くでも、手足の末端部分であっても、
恐らく心に反応するスピードは同じだと思います。

これも、意識がくまなく全身を包み込んでいるからです。

これは、心が胸の中心部にあったとしても、それは卵でいう黄身の部分で、
体全体を覆っている意識もあるはずです。

それは、卵でいう白身の部分だと思います。

この白身で覆われいる部分は、すでに全て波動として、同時に反応する部分であり、
また同じ情報を共有している部分かと思います。

当然ながら、心にも卵でいう殻の部分があり、そこを境として外部と意識も、
分かれているものだと思います。

太陽系でしたら、太陽自体は卵の黄身、太陽系として体をなしている部分は、
白身の部分だと思います。

ですから、その空間にあるモノは、太陽系の情報として、瞬時というよりも、
全て同時に情報が存在しているのだと思います。

卵の黄身の部分は、もっと大きい世界からエネルギーを受けて、
そのエネルギーを白身である部分に供給している働きであり、

白身である部分は、そのエネルギーを隅から隅まで同時に存在させている部分かと思います。

それが、一つの個体として存在させるべく、卵でいう殻、外部と分け隔てている部分が、
あるのだと思います。

簡単に言えば、他人と自分の関係です。

銀河系も同じ構造で、そして宇宙全体の意識も、エネルギーの入る場所と、
そこから光を放つ中心はあるけれども、

宇宙全体は、卵の白身として、全て同時に情報を共有しているのだと思います。

それは、エネルギーとして、波動としてです。

宇宙そのものにも、白身の外側を覆う、殻の部分があるはずです。

そうしますと、宇宙の大きさは有限で、他の宇宙も存在しているという事になりそうです。

極小から、極大の世界まで、一環とした相似形としての姿が存在していると思います。

信次先生は、人体の仕組みをみれば、宇宙の仕組みが分かると言われていましたが、
納得出来る話かと思います。

と、私も分かったような、分からないようなことを書きましたが、
一つの考えとしてお読みください。
勿論、この考えは間違っているかもしれませんが。

============================================

その様にお返事をいたしましたら、またコメントをいただきました。

>想念は無限大の速度で・・・というのは、私流に考えますと、・・・・
一点から伝達して伝わっていくというよりも、すべての場所に同時に反応が起こる、
波動としてはすでに、どの場所にも同じ情報が存在しているというような気がします。

なるほどですね。無限大の速度で伝わるというより、すべての場所に同時に反応が起こる、
どの場所にも同じ情報が存在しているという方が、より適切な理解の仕方でしょうね。

具体的に丁寧に説明いただき、ありがとうございます。
考え方のちょっとした革命ですね。

信次先生の教えを受け継いでいる方で、こういう内容のメールのやりとりが出来る方は、
穂刈様が初めてです(笑)。

…以下省略



【SE研究所ホームページ】
http://www.selabo.jp/

【心と波動の世界・総合版】
http://sefuti.seesaa.net/

【ダウジング通信講座実施中】
http://www.selabo.jp/tushin/info.html


【品川・心と波動の勉強会】

★10月16日(日)
10時00分受付 10時30分~17時
初めての方、遠方の方もお出かけください。

1 心と波動の基本的知識の習得
 (波動測定と波動改善の基本的理解・エネルギーの仕組み)
http://www.selabo.jp/semi/sinagawa.html


【長野市・瞑想会】

瞑想を主体にした正法の勉強会です。
高橋信次先生の書かれた、「大自然の波動と生命」を中心に勉強会も行います。

★10月14日(金)
18時30分受付 19時~21時

★10月21日(金
18時30分受付 19時~21時

今回は、無料での実施をいたします。
http://www.selabo.jp/semi/nagano%20meisou.html


関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 心と波動の世界・質問集. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。