心と波動の世界の質疑応答集

フーチの質問をいただきました4
よく、守護霊同士が、前世で決めて現世で結婚する、学びがあれば、結婚すると、かかれてました。

同じ答えが出る意味はなんなんでしょうか? 

それと、将来結婚する相手というのは、ソウルパートナーという事ですか? 

未来の旦那さんになる人というのは、



結婚に関してもそうですし、それに関連して親子の縁も、複雑な絡み合いの中で、

決まってくるようです。

私たちがまだ天上界に在籍中に、人生の計画を立てる中で、お互いに約束し会っているようです。

これも、自分自身と第三者との関わりの問題ですが、守護霊といったものではなく、

直接の自分自身と、そして直接的な相手の意志がないと、縁組みの関係にはならないです。

ただし、その約束は複数の相手と、二重に、三重にとなっているそうですから、

結婚の約束をしている相手は、必ずしも一人だけ、という訳ではなさそうです。

(不倫をするための相手ではありませんので、誤解のないようにしてください。)


生まれてくると、人生波あり、谷ありです。

想定外の事も、突発的な事故、事件、災害も起こります。

その様な時に、配偶者が一人であった場合、結婚相手がいなくなってしまいます。

そうしますと、そこに親子の縁組をしている、後に続く人が出生できなくなってしまいます。

ですから、その様な事態になっても、あの世で混乱が起こらないように、その事柄に対処すべく、

色々な筋書きの上で成り立っているのだそうです。


恋愛は、男女の好き嫌いでくっつきます。それは、比較的自由です。

しかし、結婚の縁は、それだけではないのです。

上記のような背景があるが故に、恋愛とは別物なのです。


そして、その配偶者となる相手は、時として恋愛感情なしの場合もあるようです。

たとえば憎しみ合っても、苦しみ合っても、縁生として一緒にならなければならない、

あるいは、好きでもないのに、結果として一生連れ添う・・・という組み合わせも多いと思います。

月並みな言い方ですが、身近なところで、より大きなストレスがかかるという事で、

心が強く鍛えられ、また成長もする、といった要素もあるようです。

ですから、結婚されている方は、好き嫌いではなく、お互いの魂が成長するための存在として、

今もっとも、ふさわしい相手がいると解釈した方が良さそうです。

もちろん、恋愛時代の時のあのまぶしい気持ちのまま、お互いを見つめあって生きているご夫婦も、

多いと思います。


結婚の相手を作らないでこの世に出てくる人も多いようですが、それはまた別の意味があるようです。

結婚には、恋愛で結ばれる縁とはまた違った目的もありますので、今、結婚生活で悩んでいる人も、

このような観点で、お互いを見つめ、そして、自分自身の成長を目的として、

生きていくことが大事だと思います。



【SE研究所ホームページ】
http://www.selabo.jp/

【心と波動の世界・総合版】
http://sefuti.seesaa.net/

【ダウジング通信講座実施中】
http://www.selabo.jp/tushin/info.html

【5月 SE研究会 心と波動の勉強会】
http://www.selabo.jp/semi/info.html

【心と体を高める波動ショップ】
http://selaboshop.cart.fc2.com/

関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 心と波動の世界・質問集. all rights reserved.