心と波動の世界の質疑応答集

日本の波動改善-2

結界を作って、日本の波動改善をしてみました。

地図の上ではありますが、結界(四角い輪郭線)を作ってSEカードを置いてみるだけで、
なぜか不思議と安心感が生まれてきます。

危ない地域を中心に、結界を作って波動改善をしてみましょう。
まだまだ、不安材料は多いですが、少しでもマイナスのエネルギーを抜いていきましょう。



震災の後、波動を見たら、東北方面で3月27日に震度7級の、かなり強い地震が起こるという反応が出ていましたので心配していました。
しかし、実際には震度4から5というものが、前日から当日にかけて起こったようです。

測定の反応がどうのこうの、というのは別にどうでもいい話です。
仮にもし測定の通りであったとしても、そのエネルギーが小さくなり、影響のない範囲に収まればいいのです。

さらに測定では、9月頃と11月と次第に関東に向けて、地震と津波の影響が現れる様に出ています。
東南アジアのある場所でも、7月末頃にいやな反応があります。

詳しいことは書けませんが、仮にそうだとしても、私たちの心の力で、少しでもその様なエネルギーを抜いて、小さいものにし、安心して暮らせる様にしていきたいものです。

私たちの心の力で、災いというエネルギーを消滅させていきましょう。
やれば出来ると思います。

福島原発もその危ないエネルギーを抜いて、落ち着いていく方向に持っていきましょう。

ちなみに、高橋信次先生が存命だった時、ずいぶんと富士山の噴火の噂がありました。
それに対して、天上界からは、その周辺のエネルギーを伊豆方面などの地域に各地に細かく分散させて、そのエネルギーを小さくしていったと、言われていた話があった様です。

同様な作用を、今回は私たちの心の力でやっていくのです。
特に、波動改善の技術をかじった人は、出来るだけやってみてください。

一人の力は小さくとも、集団となればすごい力になります。
三本の矢の喩話の如きです。

いつまでも、祈りという言葉の裏に隠されている「お願いする」という心は、もう卒業していきましょう。
拝むことで天の手助けをお願いするという、依存する姿勢はもう改めなくてはなりません。
何があろうとも、お願いすることで、天上界の人々に、これ以上負担をかけてはいけません。

私達も天上界の仲間として、意識を天に持っていきましょう。
そしてその位置から、私たちの天に通じた意識の力で、エネルギーを降ろすのです。
そのことで物事の状態が、良き方向に変化していくということを知ってください。

それとともに、これを機会に、「祈り」の本質についても考えなくてはならないでしょう。
本来の「祈り」とは、心を天と光のパイプで繋げるための行為であったはずです。

それが、他力信仰もあり、いつの間にか「何の神様かは分からないけれども、○○をお願いします」
というものに成り下がってしまいました。

もしも、気休めではなく、本当に祈って何か叶えたいとするのならば・・・
もう一度、本当にもう一度、祈りの本質について考え直し、また捉え直したいものです。


日本地図に結界の線を引きます。
1

SEカードで輪郭線の角を抑えます。そして、気になる個所にSEカードを置きます。
PICT6543.jpg

さらに、結界を二重に張ってみました。なぜか気持ち的に安心感が芽生えます。
3


上記の事柄に対して、長野市ワークショップでの音声ファイルで抜粋しました。
お聞きください。

http://www.voiceblog.jp/sehide/1357699.html



【SE研究所ホームページ】
http://www.selabo.jp/

【心と波動の世界・総合版】
http://sefuti.seesaa.net/

【ダウジング通信講座実施中】
http://www.selabo.jp/tushin/info.html

【4月 ワークショップ スケジュール】
http://www.selabo.jp/semi/info.html

【心と体を高める波動ショップ】
http://selaboshop.cart.fc2.com/



関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 心と波動の世界・質問集. all rights reserved.