心と波動の世界の質疑応答集

12月20日品川セミナーの感想

12月20日に行いました品川セミナーの感想です。

今回は、健康についての第一回目です。



★趣向を変えて、これは、初の試みでやりましたが、

相手の状態を、目でとらえて、一人オーリングテストによって、

健康状態を調べてみるという事もやってみました。

ちょっと力試しみたいなところもありましたが(笑)


★あと、さいたまでも実施しましたが、手のひらで波動を起こして、

マイナスを抜き、良いエネルギーを入れる方法について、

じっくりと取り組んでみました。


今回、いきなり一人オーリングというものを出したのですが、

もちろん、振り子や通常のオーリングテストでも、再確認して、結果が合っているかどうか、

確認しながら行いましたが、さすが、回数を重ねてきている方ばかりでしたので、

一人オーリングでも十分に、お互いに向かい合った状態で、

見つめるだけで、体の状態を見ることが出来るものですね。

みなさん、大したものです。


これができれば、ちょっとした事ならば、自分の意識の力も相まって、

瞬間的に、目の前のものの波動の善し悪しが分かるようになります。



==================================================



★以下、主な感想を掲載いたします。



・「取り上げていただきたいテーマ」ではありませんが、

その度、その度のセミナーにおいて幅広い話題を常に出されている姿には頭が下がる思いです。


話の内容は、前日まで考えていないのですが、いつもながら直前に頭の中でまとまりますね。

これからも、できるだけ幅広い視野で話題提供をしていきたいと思います。




・とてもわかりやすくて、すぐに役立てそうで良かったです。

波動について正しい考えを学びながら、実戦を重ねていくことによって、

技術を正しく身につけることが出来て、とても中身の濃い内容になっていると思います。


ありがとうございます。

さらに追求して、人生に役立つような極め方をしていきたいと思います。




・「抜いて入れる」悪いエネルギーを抜く。

左回りは悪いエネルギーだけが抜けて、右回りは太陽エネルギーが入ると思ってました。

しかし、実は左回りはすべてのものを抜き、

右回りは太陽エネルギー以外のものも入れるということは意識がなかったです。

しっかり太陽エネルギーを思い描くことがいかに大切か…。

身体の実習に手改めて感じれた。


実は、私もつい最近までは、そう思っていました。

何となく心に浮かぶものがあり、そのことをずっと考えていたら、

左回りは、悪いエネルギーであるというのは、側面的なモノの見方だったと気づいた次第です。

当然その様な要素もありますが、エネルギーの生ずる仕組みから考えていったときには、

もっと別な見方で見る必要がある、ということが分かった次第です。




・一人オーリングは大変参考になりました。

エネルギーを抜いてから入れる動作は、

色々な場面に応用できると思うので使えると思います。

また、使ってみようと思います。

ありがとうございました。


ぜひ応用してみてください。

ただ、あまりやると指が痛くなりますから、ご注意を。

また、これによる限界もありますから、

運勢的なものに当てはめて調べるというのは、適さないようです。

見るのはあくまでも、目の前にあるモノのエネルギーが良いか、悪いかです。




・一人オーリングは日常的に使えるテクニックなので、

今後どんどん使って精度を高めるとともに、

何も道具を使わずに波動測定・改善出来るようになりたいものです。


最終的には、何もしないで、心の中の動きだけで全てできるように、

目標を置いております。

道具もない、体もつかわない、

全てを取り去った条件で、心だけで全て知りえるだけのものを、

追及できればと思います。

ただ、これは果てしなく時間もかかりますから、

当面の目標で、死ぬまでにどこまで到達できるか、ですね。

あとは、また生まれ変わってくるときに考えましょう。(笑)




・波動測定で陥りやすいのがパワーの強さで、それだけを基準にしがちだった私ですが、

今回改めて波動の質エネルギーが、

どの高さから来ていることの大事さを改めて思い知らされました。


前々から、パワーの強さだけで求めてはいけないと思っておりました。

エネルギーは純度の高いものの方がいいのです。

心でいえば、次元の高い世界からのエネルギーです。

出来るだけ神の意識に近い世界からのエネルギーを得ることです。

パワーが小さくても、そのほうが価値はあります。

凄い念力、法力、霊力というものが仮にあったとしても、

それが例えば水でいえば、ドブのようなところからすくい上げて来るようなものでは、

大変なことになりましすね。

それよりも、たとえわずかであっても、山頂から湧き出る湧水、清水をすくって来たいものです。

その様な意識で見ていきましょう。




・本日の実践において身体の感覚で気づく場面がはっきり感じられました。

(少しですが)

①一人オーリング時のわずかな差

②掌のびりびり感

③相手にマイナスを抜いて、そして入れていただいた時の身体の違い感


いや~、大したものです。

微妙な感覚の違いを、心静かにして見つめていきましょう。

大雑把に見ていると、大雑把な事しか見えませんが、

一点に意識を集中すると、今まで感じていなかった感覚の違いによって、

物事を知ることも出来てくると思います。




・講義の中で感動し、自分の戒めとしていくべき言葉

(穂苅さんのおっしゃられた言葉を通して)


①良いもの悪いものを見分ける目をもつ

②自分の知識に溺れると、とかく人を裁くようになりやすい

③物理的な結果が出る世界を見る←独りよがりの世界ではなく

④エネルギーを、身も心も環境も素直に受け入れることが出来る状態が、一番良い状態である。

今の自分の状態からして④のたぶん”普通のこと”が心にじんと来ました。


これらのことは、過去の自分への反省です。

これから学ぶ人には、限りなくまっすぐな目で見てほしいと思っていますので、

ちょっと物事を知ることで、陥りやすい癖を、早めに直していきたいものです。

精神世界、宗教、ヒーリングなどの世界で、知識が先行すると、

どうしても天狗になってしまいやすいのですよ。

「実るほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな」

(人格の高い人ほど、相手に対して態度が謙虚であるという意味)

ですね。




次回の品川セミナーは、1月24日です。

新しい方もいつでも歓迎です。

詳しくは、こちらをご覧ください。


【SE研究所ホームページ】

【心と波動の世界・総合版】


関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 心と波動の世界・質問集. all rights reserved.