心と波動の世界の質疑応答集

私の波動に対する考え方 -1
ある方から、波動というものの概念対してのご質問をいただきました。

ただ、その内容は他のことが、ごちゃまぜに書かれていましたので、

ご質問の内容を書くのはちょっと難しいので、コメントのみ書きたいと思います。


端的にいえば、

「波動と真理は違うのか、

そして、どこからどこまでが波動の世界で、

どこからが真理、真我の世界なのか」

というような内容です。




端的にいえば、その人の持っている世界観で、

波動も、真理だともいえるし、

いや、波動は真理ではない、ともいえると思います。



まず第一に、

波動というものに対する認識が、人によっで髄分と違うようです。


きちっとした定義がないから?かもしれませんが、

私のやっている事に対しても、

波動というものを扱って物事を観るのは真理ではない、

波動に真理はない、

というような見方をされている方もいるようです。

(そういう方は、あくまでも外側からのイメージ、想像で見られているようです。)



数年前の事ですが、私のブログで、

「正法と波動エネルギー」というタイトルで書いていたら、


その関係者から、正法と波動は違う、占い的な世界と一緒にするな、

迷惑だから閉鎖しなさい、クレームも受けたことがありました。


まあ、誤解と迷惑がかかるのならば、それは精神的にもよろしくないことですから、

タイトルを変えて、そのブログは、今は「高橋信次先生に学ぶ」となっています。

世間一般で言う波動的な概念でしたら、ごもっともだと思います。


波動というものに対する世界観、とらえている(包含している)世界の認識の違いによって、

そのような見方も生ずるのだと思いますし、

一般的な概念のままで言われるのでしたら、仕方ないことだと思います。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 心と波動の世界・質問集. all rights reserved.