心と波動の世界の質疑応答集

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

某スピリチュアル系の団体を辞めようかと迷っています

ある方からの相談メールに対してのお返事です。


ひとつのものの見方、考え方だと想ってお読みください。


この方は、あるスピリチュアル系の団体で勉強をされています。


※正直なところ、この手の世界の事は、よく知らないので、実態はわかりません。


説いている内容(教義?)に対して、少し疑問がわいてこられたようで、

なかなか気持ちがすっきりされないようです。

やめようかどうしようか、という気持ちも湧き上がっているようです。

健全なところのようなのですが、

最近、内容にちょっと違和感があるみたいです。



同様の疑問を持たれる方も多いと想います。

ちょっとしたご参考になればと想います。



実際のメールとは、多少は表現を変えてあります。




そこを、やめる必要もないでしょうが、

これからも、吸収できるところだけ、吸収していけばよいでしょう・・・と思いますよ。


ただ精神世界・真理についての捉えかたですが、見ている世界が、

何となく俗世間から離れた修行僧みたいですね。


話されている部分の理念はわかりますが、

現実問題として、出来る事(想うことも含めて)と、

俗世間の中で生きるにあたって、

物理的に無理な部分もあると思います。


出来そうもない理念は、かえって心が苦しくなってきてしまいます。



私の尊敬している信次先生を例に挙げさせていただきますと、

(一応、それを心の基準にさせていただきます)


人間らしく生きなさい、という教えだったと思います。

悟り的な部分も大事なテーマでなのでしょうが、

それよりも、

むしろ、日常の生活の中で、八正道というものを生かしながら、

正しい行い、調和のある心を

どのようにして日常生活に顕していくのか、

という部分だったと思います。


そして、

全体調和の現れである、

仏国土ユートピアの世界をどのようにして作り上げていくのかが、

主な話だったように思います。


私の感覚では、その様に心で捉えています。

違っているかも知れませんが・・・


nさんも、その信奉する先生の言葉じりに翻弄されずに、

自分第一の主体性のある心を作られるのが、大事かと思います。

それは誰にでも当てはまるのですが、(もちろん私も含めてです)


その世界で名の通った、権威のある先生の言動は絶対である、絶対に正しいものである、

と信じたときから、マインドコントロール=洗脳 が始まると想います。


そして、それはむしろ、「信」=「絶対」という部分で、

自分自身で、自らがかけてしまうのだと思います。


良し悪しは別として、その時点から受ける側の人の主体性のある、判断能力も、

判断基準も消えてしまいがちです。


その先生がおっしゃっている事、説かれている事に対して、

私はどう思うか。

あなたはどう思うか。

でいいのだと思います。


良し悪しを、吟味して、受け入れるかどうかは、自分自身ですから。

受け入れるも、受け入れないもその人の自由のはずです。



一般的のコミュニケーションでも、


人の話は、良い部分と、悪い部分、違和感のある部分と、

上手く分析し振り分けて、

良いもの、納得できるものだけ、心に入れると良いでしょうね。


良いからといっても、全面的に肯定するものでもなし、

悪いから、全面的に否定するものでもありません。


良いなら、どの部分が良いのか、どの部分までが良いのか。

悪い部分は、何が悪いのか、残った部分で良い部分は、あるのかないのか。


という観点で見分けて、良い部分だけ心に入れるという、智慧も大事です。


違和感のあるもの、納得できないもの、理解不能なものは、棚上げにしておいて、

とりあえずは心に入れないようにすれば良いと思います。


その先生が絶対だと思うことから、その先生の一挙手一動に翻弄されてしまいます。


そのあたりも、その先生も普通の人間なんだから、という観点から、見直してみたらどうですか。

そうすれば、多少気持ちも楽になられると思いますよ。




と、好き勝手なことを書いてしまいましたが、

このご相談内容は、

私を信じて、ついて来てくれる人に対して、同様の迷いを与えないように、

私自身も気を付けていきたいと思います。

戒めにします。



関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 心と波動の世界・質問集. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。