心と波動の世界の質疑応答集

許せない-3
エネルギーは循環するという性質があります。

心も同様な性質を持っています。

見方を変えると、投げかけたものが帰ってくるから、作用反作用という形にも見えるかもしれません。


まず、良い思いをする場合。

例えば、相手の幸せを祈る。

そうすると、その思いは相手に伝わるとともに、宇宙の高い意識と共鳴しますから、それはさらに増大になったエネルギーになって自分自身に帰ってきます。

相手の幸せを祈る事が、自分の幸せに繋がるわけです。

そして、その事を通じて、その人の精神レベルもどんどん上がっていくようになります。


逆に、相手を呪う。

同様に、そのエネルギーは相手に届きますが、それは重たい波動なので宇宙の高い意識とは繋がりません。


では、どこに繋がるか・・・

それは地上に覆っている、悪い波動、地獄界に繋がる波動と共鳴してしまうので、そのエネルギーが増大して、自分自身に戻ってきます。

呪う気持ちの強いものは、目に見えない世界の住人には上手がいっぱいいます。

その世界とコンタクトを取ってしまうのですよ。
そして、そのエネルギーは全て悪くなる方向に協力をしてくれます。


ですから、恨みの念を持てば持つほど、相手よりも自分自身のほうが益々不幸になってしまいます。

仮に、その人への恨みを晴らしても、その思いが更なる恨みの念を作り出す出来事を作り出してしまいます。

それは、その本人が気づくまで、永遠に続きます。
生きている間なら、一生続きます。

さらには、死んだ後は、完全にそのマイナスの意識に引きづられて、暗い世界で、何十年も何百年も過ごさなくならなければなりません。

(別に恐怖心を煽っているわけではありません)

しかし、もし、これが観念論だと思われるのなら、実際に試されるといいと思います。


何事も経験ですので・・・

何事も、良い事も悪い事も、言われたからするとか、言われないからしない、と言うのではなく、自分自身の身を呈し自ら体験して、身を持ってその法則を知る事も必要かと思います。

何事も経験がなく、知識だけですと過ちも多くなりがちです。

経験によって物事を知るということは、大事な事です。
そのために、あえて失敗する道を選ぶ事もあるかもしれません。

でも、それはその人の魂の成長にとって、とても必要な事なのです。

知識は、体験により智慧に変わります。
智慧に変わったとき、物事の道理が魂の奥底から分かる様になります。

それはともかく、自分自身が一番幸せになるために、どう思うようにすれば得か、考えてください。

相手の事は別問題と割り切りましょう。

一見、相手が苦しみを与えていると思いがちですが、実際は違います。

嫌いな相手に反応してしまうという自分自身の心が、苦しみを作るのまです。

ですから、同じ嫌な相手にあっても、苦しみを持たない人も沢山いるわけです。

ですから、その嫌な部分に反応させてしまっている、自分のマイナスの心の波動を抜いてしまえば、人を恨む、呪う感情は嘘のように消えてしまいます。

(この事も自分自身で体験して、分かりました)


この事については、やり方がありますので、また機会があったらお伝えしたいと思います。

この事も、実際にやってみないと理解できません。
全ては、実践の中に物事の解決、心の成長があるわけです。

【SE研究所ホームページ】
http://www.selabo.jp/

【今よみがえる高橋信次先生の教え】
~メルマガも購読ください~
http://www.mag2.com/m/0000147225.htm

文証編
【正法と波動エネルギー】
~高橋信次先生・園頭広周先生の教え~
http://plaza.rakuten.co.jp/hhokari/

理証編
【新説:時空間を越えた幸福論】
~SE研究所セミナー集~
http://blogs.yahoo.co.jp/sefuti/

現象編
【驚異の気の世界~驚くべき体験集】
~奇跡のオンパレード~
http://blog.livedoor.jp/hihokari/

質疑応答集
【心と波動の質問集】
~過去の質問より抜粋~
http://selabo.blog53.fc2.com/




関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 心と波動の世界・質問集. all rights reserved.