心と波動の世界の質疑応答集

許せない-2
道徳的に、あるいは法治国家として、犯罪はいけない、殺人はいけない等と教えられ、それによる罰則も定められています。

モーゼ様の時代は、世の中が規律も何もあったものではなく、混乱していましたので、人殺しも当たり前だった様です。

そのため、立法を定めるために、十戒というものを作られました。

その一つ一つの守るべきことは、人間として当たり前な事なのですが、当時は画期的だったのでしょうね。

そして現在は、みな頭の中ではいけない事くらいは分かっているのです。

でも、毎日のように犯罪も起こる。
心の中では、さまざまな思いが渦巻いている。

いくらいけないと言っても、(誤解されるといけないのですが、)
実際は何をするのも自由なのです。

でも、やった結果について責任をとる、あるいはそれに応じた処罰を受けなくてはならない・・・

でも、それはやった後の規制です。

その意味では、犯罪行為も事も、恨む事も残念ながら、今の世の中は、全て自由なのです。

呪いをかけたいと言う事に対して、
「いけないよ。」
と誰でも言うでしょう。

もちろん、私も同様の事を言うと思います。

でも憎くて、どうにもならない時もあるのです。

その場合、道徳的な部分では解消できません。
道徳教育の限界は、この辺りにあると思います。

これは、観点を変えて、損得でみてください。



【SE研究所ホームページ】
http://www.selabo.jp/

【今よみがえる高橋信次先生の教え】
~メルマガも購読ください~
http://www.mag2.com/m/0000147225.htm

文証編
【正法と波動エネルギー】
~高橋信次先生・園頭広周先生の教え~
http://plaza.rakuten.co.jp/hhokari/

理証編
【新説:時空間を越えた幸福論】
~SE研究所セミナー集~
http://blogs.yahoo.co.jp/sefuti/

現象編
【驚異の気の世界~驚くべき体験集】
~奇跡のオンパレード~
http://blog.livedoor.jp/hihokari/

質疑応答集
【心と波動の質問集】
~過去の質問より抜粋~
http://selabo.blog53.fc2.com/




関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 心と波動の世界・質問集. all rights reserved.