心と波動の世界の質疑応答集

ダウジング振り幅

教えて下さい。
私は ダウジングの円を描く大きさが、あまり 大きく動きません。
訓練すると 大きく回るようになりますか?

あと、悪い波動を抜いて、水に移動させたとき、その水を飲んでも 体に影響ありませんか?



まず、最初の

私は ダウジングの円を描く大きさが、あまり 大きく動きません。
訓練すると 大きく回るようになりますか?


についてです。

最初のうちは、動きは小さくて当然だと思います。
回る大きさよりも、正確に動かすことが大事ですね。

正確にというのは、良いエネルギーか悪いエネルギーかを、
的確に捉えることです。

それは、回る大きさではなく、回る方向性です。


太陽を意識して、そのイメージを降ろして動かすようにします。

そのようにして、同じ価値基準をもつ事が、
共通の波動の大きさを捉えることとなります。

同じものを意識し、イメージすることで、
同じエネルギーを受けることになります。

そうしますと、測定するものに対して、回り方の大きさも、
大体一緒になってきます。

測定するもののエネルギーの捉え方も、ほぼ一緒になってきますから、同じような反応になってくるわけです。

小さいエネルギーのもの、大きなエネルギーのものと、
そのエネルギーの量によって、
反応する大きさも、ほぼ一緒になってきます。


波動改善をするときは、かなり大きく、早い回転となってきますが、
これも練習しだいです。

これも、手でわざと動かしているのではなく、

結果として、
大きなエネルギーが入ってきたときに起こる反応だと思ってください。


後、正しいエネルギーを入れているという前提で、

その人の心と、体の気の流れの度合いによっても、
振り子の回る大きさは違ってきます。

そういう面では、振り子を持ってもらって、
その反応の仕方を見ることで、

その人の心や、体の気のエネルギーの状態が見てわかるわけです。

正しいやり方ならば、振り子を通じて、
心と体の気の流れも良くなっていきますから、

それに伴い、振り子の反応もぐんぐんと良くなってくるはずです。


「正しい」
という事を前提にですが、

やればやるほど、天から大きなエネルギーが降りてきます。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 心と波動の世界・質問集. all rights reserved.