心と波動の世界の質疑応答集

愛について-4
ところで、

何か、そのような文書という事ですが、
そのような事は、よくは分かりません。


やはり体験を通じて、

そして、自問自答を通じて、

瞑想を通じて、

内なる声、内なる思いを通じて、天から流れてくるエネルギーを翻訳し、解釈していく、

そして、生活に生かしていく、

ちょっと観念的かもしれませんが、そのような事が大事だと思います。


まずは、目を瞑り、

じっと座り、

心の中に目を向け、

こころに内在している、神に通じる意識とつながるように、

意識してみる事からでしょうね。


ちなみに、

イライラしている時、

怒った時、

ウツの時もですが、


じっとして、姿勢良くして、目を瞑って、

心穏やかにして、一定時間座るという事が、なかなか出来ません。


そのような状態のときは、良いエネルギーをいただいていないから、座れない、

というように解釈してください。


ですから、

まず、じっと座り、心の中に目を向けられる穏やかな心から、得られる様にしてください。

自然に、慈悲と愛の波動が、心の中に流れ込んできますよ。


これは、知識で学ぶ事ではないのです。

人間として生まれてきた以上は、全ての人が持ち合わせてきているのです。


それが、ちょっとだけ、心の向きを間違った方向に向けてしまうから、
その心を表現できない人間になってしまうのです。

自らの心に目を向ける事で、またその心は湧き上ってくることでしょう。

それは、人類の全ては、一人の例外もない、愛の心に包まれた、

「神の子」

だからです。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 心と波動の世界・質問集. all rights reserved.