心と波動の世界の質疑応答集

心の付着物
心の付着物を瞑想で取る時は、過去に起こった事を思いながら、それを出して行くように、具体的にイメージした方がよいでしょうか?


心の付着物は、言われるように具体的にイメージしていったほうが良いですね。

実際は、生まれる前の胎教から始まって、0歳から現在までを、年齢別に、あるいは出来事別に過去を振り返って、反省的な瞑想をします。


それは、お釈迦様の瞑想です。


ただ、なかなか最初は出来事を思い出せないので、とにかく呼吸を使って、

「その時に入ってといる心の毒素よ~」

と心に呼びかけて、あるいは命令して、何も分からなくてもよいから、呼吸と一緒に出していくイメージをされると良いですね。


心は100Wの電球だと思ってみてください。

そのエネルギーの供給源は、宇宙からのエネルギーです。
それは途絶える事も無く、太陽を通じて心臓の位置に入ってきます。

本来は、その電球のようにまぶしい霊的なエネルギーを放つ輝かしいものなのです。


生まれてくるときは、皆ピカピカした心で出てくる。

しかし、成長とともに、その電球の表面に色々な汚れがついてきます。
あるいは、傷かもしれません。

そうして、本来の輝きを失ってきてしまうのです。


でも嬉しかったり、良い事をしたら、逆に光は増幅される。


では、本来の輝きを取り戻すにはどうするか、

表面に付着している汚れを取ればよいのです。

それを瞑想を通じて、やっていくのです。



電球の光に相当するものは、潜在意識の領域。

電球の電気エネルギーの源に相当するものは、宇宙エネルギー。


潜在意識と宇宙エネルギーとは同通しているのです。

宇宙エネルギーには、全宇宙の心、情報も入っている。

だから、潜在意識の扉が開かれると、一気に認識できる世界が広がるわけです。


しかし、表面の汚れがそれを邪魔している。

その表面を覆っているものを、想念帯といいます。

顕在意識と潜在意識との間に、想念帯がある。


想念帯に溜まった汚れが邪魔をして、潜在意識からの膨大な情報をシャットアウトしている。

これはもったいない事です。


反省的瞑想、あるいは、心を綺麗にしていくというのは、大変な大きな意味合いがあるのです。


ぜひ、毎日、心の毒素を吐き出すイメージの瞑想でも結構ですので実践してみてください。


日を追って行く毎に、次第に不思議な導きを受けている事を実感しだすと思います。


【SE研究所ホームページ】
http://www.selabo.jp/

【今よみがえる高橋信次先生の教え】
~メルマガも購読ください~
http://www.mag2.com/m/0000147225.htm

文証編
【正法と波動エネルギー】
~高橋信次先生・園頭広周先生の教え~
http://plaza.rakuten.co.jp/hhokari/

理証編
【新説:時空間を越えた幸福論】
~SE研究所セミナー集~
http://blogs.yahoo.co.jp/sefuti/

現象編
【驚異の気の世界~驚くべき体験集】
~奇跡のオンパレード~
http://blog.livedoor.jp/hihokari/

質疑応答集
【心と波動の質問集】
~過去の質問より抜粋~
http://selabo.blog53.fc2.com/



関連記事
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 心と波動の世界・質問集. all rights reserved.