心と波動の世界の質疑応答集

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「感謝」 WILL No61より

新潟県上越市で発行しています、WILLというフリーペーパー誌に
コラムを書かせていただいています。

今回は 「感謝」 というテーマで書きづってみました。

是非お読みください。



========================================


過日、国会の場で麻生太郎財務相と山本太郎議員との間で、こんなやりとりが
ありました。


山本太郎議員「人生で二番目に大事なものは何ですか」

ちなみに山本太郎議員曰く、一番目に大事なものは「空気」だそうです。

しかし麻生財務相の答えは、人生の本質を突いた哲学的な言葉でした。

それは、


「朝、希望を持って目覚め

昼は懸命に働き

夜は感謝とともに眠る。

この気持ちだと思います」


国会内にも、思わず「おおー」と驚きの声が上がっていました。

ここに、「感謝」という言葉が出てきます。

日本人の美徳であります。

感謝は、人間の心の基本でもあります。

しかし、いざその心になるというのは案外難しいものです。


感謝が出来るとき・・・、それは常に人から暖かい行為を受けた時です。

親切にされたり、手助けされたり、それも相手から何か交換条件があるのではなく、
その人のために無条件に尽くしてくれたときです。

打算がない行為を受けたときに、人は素直に感謝の気持ちが沸き上がってきます。

その時に、有り難いという気持ちになります。

だから「有り難う」なのです。


また周りの協力によって物事が成された時、自分という存在が認められ、また大切にされ、
そして祝福されているときでもあります。

それによって自然と、心が満たされていきます。


感謝の気持ちが沸き上がったら、その相手に何らかのお返しが必要です。

「恩に報いる」

という行為が必要なのです。

自分の心を感謝の気持ちとして相手に伝えるのです。

言葉だけでもいいのです。

その時に相手に、愛の心が自然に伝わっていくのです。


心の中が常に暖かく、愛の心で満たされている時、その人の心はそのまま、暖かい太陽の
日差しのような心となっていきます。

その様な関係が、お互いの人間関係の中で持てたら、おそらく世界は一変するでしょう。

もちろん、良い方向にです。


しかし、現実はなかなかその様にはいきません。

心の中に不平不満があると、感謝ができなくなります。

不平不満があると、好き嫌いの感情が激しくなります。

好き嫌いが激しいと、感謝が出来なくなるのです。

理性を差し押さえて、ついつい私たちは感情が先走りがちとなります。

自分の感情や好みで、好きと嫌いの線引きを無意識にしてしまいます。


そして嫌いなものに対しては、自然に避けようとします。

また排除しようとします。

当然ながら相手を受け入れることが出来ません。

嫌いな対象には感謝の気持ちを持つことも、愛の心を注ぐことも出来なってしまいます。

仮に嫌いな人から親切な行為を受けたとしても、よほどのことがない限り心の中は
受け入れられません。


ところで、好き嫌いはどこに現れてくるのでしょう。

好き嫌いは、まず食生活に現れます。


昔、高橋信次という大変な方がいました。

人間の心のあり方を説くために全国で講演活動をしていた方です。

そのお弟子さんに、某お寺のご住職がいました。

その方は豚肉を食べると、全身に湿疹が出てくるのです。


そのご住職、何が原因なのか知りたくて、高橋信次先生に聞きました。

すると、


「あなたは豚肉が嫌いですね。

あなたは豚肉に感謝の気持ちがない。

その心を直しなさい。

感謝の気持ちで食べることが大事なのです」


ということを言われたのです。

そのご住職、肉食はいけないという考えからか、いつのまにか豚肉を拒否する心に
なっていました。

そこで一念発起して、感謝の心を持つようにしたら、湿疹というアレルギー反応も
消えてしまったそうです。


そうなんです。

心から感謝する為には、好き嫌いを無くすことが大事なのです。

食べ物は、たとえどんな形であろうとも、命を捧げているのです。

そこに心を向けることなのです。


それは食を提供する側にも、消費する側にも共に言えることなのです。

人間関係も然りです。

していただいた行為は上手い下手は別としても、その行為を捧げてくれているのです。

その心をありがたく頂くことが、人間として大事なのです。

その時に自然と、していただいた行為に感謝の気持ちが生まれ、またその行為に対して
大きな愛の心が芽生えるようになるのです。


「感謝」という心と「恩に報いる」という行為は、私たちの心を大きく成長させ、地球に住む
全ての生命が「愛」という心の下で、意識が一つになるための大切な要素だったのです。


SE研究所
穗苅秀郎


17040701_201704272349587bd.jpg

17040702_2017042723500036a.jpg


========================================


SE研究会 ダウジング・ワークショップ

「心と波動の勉強会」のご案内


< 5月開催予定地 >


・新潟県上越市 上越市民プラザ

 5月06日(土)  一般研究コース
 13:30~17:00


・東京都品川区  中小企業センター

 5月21日(日) 応用研究コース
 10:00~17:30


・長野県長野市 社会福祉センター  

 5月28日(日) 基礎研究コース 
 13:30~16:30


詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.selabo.jp/semi/wsnaiyo.html

お問合せ、お申し込み先はこちらまでお願いいたします。

SE研究所

info@selabo.jp
tel 026-259-5567
fax 026-403-2201

スポンサーサイト
Copyright © 心と波動の世界・質問集. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。