心と波動の世界の質疑応答集

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

○○は超意識からのメッセージ? -2
前回からの続きです。

前回のようにお返事させていただきましたところ、
また、このようなお返事をいただきました。



おはようございます。

いつもお世話になっております、○○です。

エネルギー、ありがとうございます!
痛みどめの薬の効きが急によくなったのか?と思ってしまっていましたが、
先生がエネルギーを入れてくれていたのですね!
納得しました!
エネルギーを入れるというのは、こんなにすごいんですね!

やはり先生にお話しさせて頂いてよかった。
とても心が落ち着きました。

高橋信次先生のお話も、とても心に染みました。
「愛の無い人に心の法則を教えてはいけない」
なるほど…と思いました。

今はいろんなテクニックや知識が簡単に手に入る時代になって
深く意味も分からずに、実際に自分が汗水たらして学ぶのではなく
本やネットで得た知識で、分かったようになってしまうという罠に気付かず、
よしんば気づいたとしても、お金や権力、名声のために気付かないふりをして
そういう知識を「愛」の名のもとに振りかざす人が多くなっているのだと
そういうことなのですね!

先生の言うとおり、そういう人たちの話には耳を貸さないようにします!

これからフーチを学んでいくにあたって、
いい勉強をさせてもらったと思ってとらわれないようにします。


腰痛の原因になっているものを、色々考えてみました。

私は断ることが出来ず、しかも断れない理由の一つに、人からよく思われたい、
頼られたい、必要とされたいという気持ちがあるのかもしれないと思いました。

そして、自分自身がきつかったり疲れたりしていても、頼まれれば引き受け、
無理ではなく無茶をすること、体を酷使することが多かったこと。
そして、その後に、体を労わるとか休憩するということもなく、凝りもせず
また次のことを引き受けること。

動かねばならないときと休むべき時というのをきちんとしていなかったこと。

つまるところ、自分自身を、特に体を全く大事に扱っていなかったことに
気付きました。

あと、こじつけか もしれませんが…
私はフーチを学んで、それをお仕事にしたいと考えていました。

どうせ仕事をするなら、人様のお役に立てることを(もちろん、あらゆる仕事が
尊いということは分かっています)ということと、実際に私が学んできて、
驚くほどのスピードで(自分で言うのもなんですが…)色んな気付きと成長が
あるように思います。
なので、たくさんの方にこのフーチを広めたい、そんな気持ちでいました。

ですが、バイトに忙しくしているうち、そういう気持ちが少し薄れたというか
バイトでやっていけばいいや…のような気持ちになったりもしたことがありました。

腰は体の中心で、とても大切なと ころだけに、
私の中心が少しぶれてしまったのかとも。

ですが、良い方で考えると、腰が痛くてあちこちと動きが取りにくくなった分、
フーチの勉強に時間がさけます。

何しろ気の短い部分があり、一足飛びに行ってしまいたくなる性格もあり、
これまでの部分を何度も何度も繰り返し、じっくりと自分に落とし込むには
最適な状況です。

痛い部分にエネルギーを流すという、自分の体を使った人体実験もできますし。


ところで先生、自分で自分にエネルギーを流すというのもいいのですが、
先生にやってもらうと、もっといいです。

それは先生だからエネルギーの量が違うというか、純粋さが違うというか
そういう違いももちろんあると思います。

後は、誰かからやってもらうと「愛」や「思いやり」というエネルギーもプラスされて、
贈られているのではないかと思いました。

もちろん、自分自身に流す時も「愛」と「思いやり」もプラスはされるのでしょうけど、
何だか違うのです。

自分で体のマッサージや肩もみしてもあまり気持ち良くなく、
でも、誰かに(たとえそれが力のない子供だとしても)やってもらうとことのほか
気持ちイイ何だかそんな感じです。

長文になり、失礼いたしました。
お読みくださり、ありがとうございました。


ということでした。
またまた、私からの返事です。


○○様

メールありがとうございます。

腰の具合大丈夫でしょうか。

良くなっても、そっと労わりながらしばらくは過ごしてくださいね。

○○さんの言われるように、今は情報も早いし、知識の吸収も昔に比べたら、
質も量もの雲泥の差でしょう。
でも、それで心が向上するわけではないのです。

だから、知ることを知ることは大事ですが、それ以上に心も豊かになっていかなければ
ならないですね。

知識と理屈が先行して、心の中にいたわりや、相手に対する思いやりがないと、
いつの間にか、

「正義の顔をした悪魔」

になってしまいます。

今、マスコミや知識人といわれるような人たちに先導されて、わたくしたち国民全体が
そのようになりつつあるように感じてしまうのは、私だけでしょうか。

いつの間にか、日本人本来のおおらかさからはずれ、全体的にヒステリックな空気が
漂っているような気がしてしまいます。

少なくても、人の困っていること、欠点、失敗、ミス、過ちに対して、いたわる心もなく、
正義のナタを振り下ろすことだけはやめたいものですね。

これは、毎日意識していかないと、いつの間にか・・・と頭の中が、世の中を先導する情報に
洗脳されていってしまいますから、自分自身の心の成長のためには、何が必要なのかを
しっかりと考えて生きていきたいものです。


腰についての原因を考えられることはとても良いと思います。

その生活習慣や、日常の思うこととそれに伴う行動に、誤りがあれば、それは二度と
繰り返さないという気持ちで、改めながら、適切な治療をされていけばよいと思います。

またエネルギーを入れるようにしますので、お大事にしてくださいね。


・・・と、そのようにお返事をさせていただきました。


腰のほうはといいますと、その後でこのようなメールをいただいております。


再度、エネルギーを入れて頂いて、ありがとうございます。

本当にかなり楽になっています!


よかったです。少しでも貢献できたことは、とてもうれしいことです。




【SE研究所ホームページ】
http://www.selabo.jp/

【心と波動の世界・総合版】
http://sefuti.seesaa.net/

【ダウジング通信講座実施中】
http://www.selabo.jp/tushin/info.html

【SE研究会・ワークショップ】
http://sefuti.seesaa.net/category/7282764-1.html

【SE研究所・波動ショップ】
http://selaboshop.cart.fc2.com/
スポンサーサイト

○○は超意識からのメッセージ?
~前略~


お忙しい中エネルギーを入れてくださってありがとうございます。

その後なのですが、元々あったヘルニアの他に、神経を圧迫しているヘルニアが
レントゲンでもう一つ見つかりました。

その新しく見つかったヘルニアで右足の勝手が悪く、足の甲辺りが少ししびれているような感じです。
腰痛プラス神経痛です。

現在痛み止めを飲みながら生活しています。

医師によれば、手術をしないと治らないと言います。

それまで痛みどめを飲んだり座薬をさしながら生活するのかと思うと怖いです。

薬に依存したり、薬に慣れてしまってだんだん強くなるかもしれない。

スピリチュアルが好きな友人の、

「批判癖のある人とかフラストレーションを溜めこんだりする人が腰に問題を抱える人。

何をやってもうまくいかないって感じていて、すぐ自己憐憫に駆られる。

腰痛は、「もう、そんな風に考えるのはやめなさい」という超意識からのメッセージ。

自分に起こっていることは自分で呼び寄せているんだから、しっかりと自分でその責任を取るべき」という言葉に暫く落ち込んでいました…

先生はどう思われるでしょうか…

その通りなのでしょうか…

これは依存なのかしら…と思いながら、1週間考えてメールしました。

ご教示頂けるととても在り難いです。


==========================================


こんなメールをいただきました。

なかなか深刻な問題ですね。

体のことは、一生ついて回りますから。

それて、あくまでも私見ですが、このようにお返事をさせていただきました。


==========================================



○○様

腰はいけませんね。

またエネルギーを入れてみますね。

確かに心と体は、関連しあっていますから、心の持ち方で体にも影響は出てくる場合もあります。


批判癖のある人とかフラストレーションを溜めこんだりする人が腰に問題を抱える人・・・・

といわれるようなことも一理あるかもしれませんね。


ただ私自身は、そのような、○○のメッセージ的なとらえ方は、どうしても好きになれません。

精神世界にハマっている人ほど、何かに対してその○○意識というものからのメッセージだとか、このことは何か意味があるとか、何かを教えているとかというように言いがちですが、そのような事を聞くたびに私自身は違和感と嫌悪感を感じます。

そのような事を言う人に、一体何が分かっているのでしょう。


某宗教でも心の法則を言いながら、人をそのような法則的な言葉で裁いてしまうこともあるようです。

その事は昔、高橋信次先生のお弟子さんで園頭先生という方がいたのですが、その先生は、大手の宗教の幹部であったそうです。

その宗教でも、心の法則を解きながら、上から目線で人を裁いてしまい、かえって相談者の心を傷つけることが多かったようです。

その実態をその組織の中で見ていて心を痛めていた園頭先生が信次先生に出会った頃、その事をどうしても聞きたくて質問したそうです。

すると信次先生は、

「その質問はイエスキリストに答えてもらいましょう」

と言い目を瞑り、自分の意識にキリストを入れて答えさせたというのです。


そこで出た言葉は、

「愛のない人に心の法則を教えてはいけない」

ということだったそうです。

その一言で、その組織で行っている指導方法の欠点が、はっきりと分かったのだそうです。

たった一言ですが、非常に深い言葉です。


ちょっと聞きかじった知識で、このような法則的なものに当てはめてみたくなる。

天の意識と結びつけてみるという思考で、物事に対しては必ずメッセージがある・・・

というのも分からないわけではないですが、このような思考に入ると、往々にして心、魂で捉えなくてはならないものが、知識としての見方で、頭でっかちになってしまいがちです。

知識で知り得た言葉は、決してその人の心に救いを与えるものではなく、時として、的外れなものもあり相手を傷つけてしまうものにもなりかねません。

ですから、私自身はそのような事を言う人を信用していません。

ご自分の体や心の不調などは、ご自分の人生を振り返って、どこに歪みがあったのか、過去の生き方、生活習慣を振り返っていくしかありません。

原因や事の始まりは、皆違うのです。

それに対してのアドバイスは大事ですが、それも、よくその人の生き方や生活仕方、健康管理なども聞いた上での、現実に即したものでなければならないはずです。


ですから、このようなことは気にしないでください。

ただし、その原因となっているもの、時期についてはよく過去の記憶を探って、心の中から探し出してください。


・・・と、そのようにお返事させていただきました。



【SE研究所ホームページ】
http://www.selabo.jp/

【心と波動の世界・総合版】
http://sefuti.seesaa.net/

【ダウジング通信講座実施中】
http://www.selabo.jp/tushin/info.html

【SE研究会・ワークショップ】
http://sefuti.seesaa.net/category/7282764-1.html

【SE研究所・波動ショップ】
http://selaboshop.cart.fc2.com/










お札で上層霊界行き?-3

もしも、お札で救われるのならば、まずは生きている人でその力を実証してください。

性格の悪い人、人に迷惑をかけている人、ウツっぽい人がお札を持つことによって
治ってしまう。

犯罪を犯し、刑務所に入っている人に、お札を配布することで、悪い心が瞬時に消え、
模範囚となり、何も問題なく社会に溶け込むどころか、社会のリーダーとなっていく。

そのようなことができるのならば、信じます。

私はお札はいりませんが、もしそのようなことができるのならば、刑務所、学校関係、
警察関係に、大量に販売し、社会の浄化にお役立てください。

それで生きている人が激変していくのでしたら、死んだ人もそのように心が浄化され、
高い次元に行けますよ、というのも信じます。

しかし、実際には、問題を起こす人や犯罪者には、更生プログラムがあり、
カウンセリングがあり、周囲の関わり方がありと、大変その現場に携わっている人、
また直接日常生活で接している人たちは、更正させ目ために、おそらく大変な苦労と
努力をされているはずです。

お札で刑務所が空になるわけでもありません。

普通に生活している人でも、お互い多少は心に癖をもっています。

お札でそのようなものをなくし、周囲の人間関係を明るくし、調和に導くことが
できるのでしたら、釈迦の教えも、キリストの教えも必要なく、お札だけで人類の
カルマもなくなっていくということになります。

しかし、現実はそうではないのです。

生前、死後との違いは、身に着けている肉体が別のものになるだけで、その人の個性、
癖、思い方が特別に変化するものでもないはずです。

ただし、思いという作用は、良い、悪いに関わらず強く表れてくるようですが・・・

ですから、安易にウソの夢は追わずに、地道に生きることです。

大事なのは、生きている、死んでいるにかかわらず、その人の心の修正です。

それは、自ら気が付かなくてはなりません。

そして、自らがすべきことなのです。

もちろん、それに対しての周囲の協力は欠かせません。

また明るい調和された環境で生活している姿を見せて、そのような人に、
考えさせなくてはなりません。

それによって、その人の心は変わり、社会では真人間として生きていける。

死んでも、その心のまま良い世界に自然と行けるのではないでしょうか。

これらのことは、生きているときでも、あるいは死んでからも出来ることなのです。

しかし、生死にかかわらず、すべきことは同じだということを知ってください。



【SE研究所ホームページ】
http://www.selabo.jp/

【心と波動の世界・総合版】
http://sefuti.seesaa.net/

【ダウジング通信講座実施中】
http://www.selabo.jp/tushin/info.html

【SE研究会・ワークショップ】
http://sefuti.seesaa.net/category/7282764-1.html

【SE研究所・波動ショップ】
http://selaboshop.cart.fc2.com/




お札で上層霊界行き?-2
前回の続きです。

何と返事をしたらいいのやら、色々と考えたのですが、社交辞令としてのお礼は
やめておこう、という気持ちになりました。

やはり、違っていると思ったら、はっきり伝えることも相手の方に対して
の思いやりになることもあります。

そこで多少文面は変えている部分もありますが、下記のように返事をしたのでした。


○○様
|

ご案内ありがとうございます。

ただ、残念なことに、お札で人間は救われていきません。

そんな単純なものではありません。

お札(ふだ)のおかげでお母様が霊界に旅立たれたというのは、どのようなことを元に
言われているのでしょうか。

生前の、思ったこと、行ったことの一つひとつの事柄に対しての、善悪、心の中で
作り出した心のスモッグの量によって、魂の純度、明るさ、軽さが違ってきます。

それによって、当然ながら行く世界も違ってきます。

それは、あくまでも当人の問題です。

もしも成仏させたい、引導を渡したいというのならば、死者に対しての生前の思ったことと
行いに対しての、反省を通じての気づきを与える為の光と言葉がなくてはなりません。

それは、決してお札のようなものではないはずです。

死んだ人も、あるいは生きている人も、本当に救われていく為にはどうすればいいかを、
知らなくてはなりません。

ここのお札で救われていくのでしたら、逆に人類の99.99999999%のその存在を
知らない人は救われないということになってしまいます。

でも、生前に正しい行いをした人、また死後でも生前の反省をして心を正しい方向に
修正した人は、天上界にいけるはずです。

この、お札によってさらに上層界にいけるという気持ちは、欲です。
欲自体はいいですが、我欲の類になると救われなくなります。

また、成仏させるというお札によって、実体とはかけ離れた、観念の世界、空想の
世界での騙しが始まってしまいます。

これで本当に救われていくと信じて、自らの心を修正することをせずに死んだ人は、
哀れです。

○○さんも早くそのことに気がついて下さい。

ご案内をいただいたことには感謝いたしますが、一刻も早く神理に目覚めて下さい。

そして、モノに頼らずに自己の確立を図って下さい。

これで勧誘して知らず知らずのうちに、無知の世界、不幸の世界に引きずり込んだら、
○○さんも大きな罪を重ねることになってしまいます。

少々きついかもしれませんが、よく心に刻み込んで下さい。

決して○○さんの人格や人間性を否定するものではありませんが、このようなモノに
だまさせないようにして下さい。

SE研究所に縁があれは、もう一度ゼロから学び直して欲しいとも思いますが、
それも魂の縁の問題です。

ですからそれは、どちらでも構いません。

ただ、この騙しの世界からは、早く足を洗って下さい。
それは、今後の○○さんの為ですから。

言いたい放題ですみませんが、よく考えてみて下さい。

大変失礼なメールだと言うことは重々承知していますが、あえて書かせていただきました。


・・・と、このような内容でお返事をさせていただきました。

私自身は、高橋信次先生の心の教えを絶対的な基準として、すべてに当てはめています。

私自身が、その教えの実践者ということではありません。

ただ、その基準からあまりにも酷く外れてしまっているものには、私のような寛容な心の持ち主で
あっても、それは決して容認できないものです。

時として、厳しい言葉が出てしまうこともあります。

それは、これ以上その人を不幸の道に進ませないためでもあるのです。




【SE研究所ホームページ】
http://www.selabo.jp/

【心と波動の世界・総合版】
http://sefuti.seesaa.net/

【ダウジング通信講座実施中】
http://www.selabo.jp/tushin/info.html

【SE研究会・ワークショップ】
http://sefuti.seesaa.net/category/7282764-1.html

【SE研究所・波動ショップ】
http://selaboshop.cart.fc2.com/











お札で上層霊界行き?-1

これはある方からのメールです。


お久しぶりです。○○です。

穂苅様のお母様のご冥福をお祈り申し上げます。

私も20●●年●月●日に母が亡くなりました。

私が現在学んでいる「●●会」では亡くなった方を霊界(天国)へ上げるための「お札」を
販売しております。

「お札」を何枚か焚いたお蔭で母は霊界へ無事に旅立つことができました。

穂苅様のお母様は素晴らしい方だと思われますから、恐らくお札なしでも霊界へ
あがられたことと思いますが、

霊界にも段階があり、さらに上の層に送るために「お札」を焚かれることをおススメいたします

もし、お札の購入をご希望でしたら私までメールを返信していただけるよう、
宜しくお願いいたします。


このような内容でした。

う~ん・・・

考えてしまいます。

複雑な心境です。

何がって?

このお札を買うか買わないか・・・ではありません。

このようなことで救われた人は、一人もいないとは、高橋信次先生の言葉です。

死んだ人も意識が残ります。

というよりも、肉体というものの制約がなくなった時、本当の自分自身の姿が
表れてくるはずです。

その姿が、よいか悪いかは別としてですが・・・

それは、あくまでも、生前の自分自身の想いと行為で作り上げた姿のはずです。

死後、天国に行きたいのならば、肉体というものを脱ぎ捨てた時の自分自身の姿を
美しくしなければなりません。

そのためには、自らの意志で自分自身の心を、きれいにしなければならないはずです。

その要素を抜きに、お札が何枚必要かは知りませんが、それで救われるというのは、
余りにも虫が良すぎませんか?

と、色々な思いが頭の中を巡りました。

で、せっかくの行為に対してですが、大変失礼にも、この方にはこのようなメールを
送ってしまいました。

~続く



【SE研究所ホームページ】
http://www.selabo.jp/

【心と波動の世界・総合版】
http://sefuti.seesaa.net/

【ダウジング通信講座実施中】
http://www.selabo.jp/tushin/info.html

【SE研究会・ワークショップ】
http://sefuti.seesaa.net/category/7282764-1.html

【SE研究所・波動ショップ】
http://selaboshop.cart.fc2.com/



Copyright © 心と波動の世界・質問集. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。