心と波動の世界の質疑応答集

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人体図に置くSEカードの大きさは?

名詞サイズのSEカードを人体図等に使用すると複数の部位をカバーしていまいますが、
カバーしている部位全体を波動改善しているのでしょうか?

もし、その場合はパワーが分散してしまい、必要枚数が多くなると考えれば
よいのでしょうか?


SEカードの名刺サイズでは、置いた範囲の部位の広範囲でカバーできると思います。

しかしご指摘のように、全体に力が分散するので、特定の場所にはSEカード小を
数枚重ねて置かれるのが良いと思います。

そのことで、ピンポイントに必要箇所に作用させることができると思います。

ただ、あまりこだわることもないと思いますので、まずは、しっかりと念じていただき、
そして、全体にSEカードを置くのも良いと思います。

エネルギー自体は、健全な場所も含めてカバーしたほうがよい場合もあります。

特に、ガンの場合は全身をそっくりと、エネルギーで包み込む必要があります。

ですので、ある面ケースバイケース的な部分もあります。

状況や症状によっておき方、使い方が変わる場合もあろうかと思います。

ご不明なことは、個別の対象毎にご相談ください。



【SE研究所ホームページ】
http://www.selabo.jp/

【心と波動の世界・総合版】
http://sefuti.seesaa.net/

【ダウジング通信講座実施中】
http://www.selabo.jp/tushin/info.html

【SE研究会・ワークショップ】
http://sefuti.seesaa.net/category/7282764-1.html

【SE研究所・波動ショップ】
http://selaboshop.cart.fc2.com/




スポンサーサイト

人体図と手のひらの写真にSEカードを載せる場合、どちらが効果があるか
通信講座を受けられている方よりご質問です。

ここに書かれているSEカードですが、使い方によって素晴らしい効果を
発揮できる不思議なカードです。

詳しくはこちらをご覧ください。

SEカード商品コーナー


中級編無事届きました。
ありがとうございました。

ところで、いくつか質問させていただいてよろしいでしょうか?


●質問


体質改善等では、人体図を使う場合と手のひらの写真にSEカードを載せる場合
どちらの方が改善効果が期待できますか?

また、乗せたSEカードは置きっぱなしで良いのでしょうか?


○返事

人体図のほうがよいと思います。

図や写真でも、そのものの形をそのまま表しているものの方がよりストレートに、
情報なりエネルギーが伝わります。

手のひらの場合は、そのものが人体の構造を表してはいますが、この場合は直接、
被験者の手のひらから体の情報を読み取るのに適しております。

体全体を直接調べようとするのでしたら、被験者に寝てもらい、うつ伏せなり、
仰向けになってもらわないと測定はしにくいものです。

それは通常の場合それ専門の場所、例えば整体などの治療院でないと出来ないものです。

ですからそれを補うために、場所を問わずに簡易的に測定するために手のひらで見たりします。

また手のひらからは、強い気が出ていますので、初心者向けの振り子の練習としても
大変役に立ちます。


※ちなみに、SE研究所の振子測定は占いとしてではなく、そこに潜んでいるマイナスの要素や
マイナスのエネルギー、あるいは物事を妨げている問題点を探すためにやっております。

問題点を的確に見つけだすことで、適正な解決策を見出すことができます。

そして解決策に向かって、本質的なエネルギーを注入していき、実際の物事の変化、
改善をしていくというものです。


間接的な方法により体の測定や改善をする場合は、ストレートに人体図として
表されているもののほうが、細かい部分まで捉えることが出来ますので、
より的確なものになっています。

さらにある特定の臓器に問題があるとした場合、その臓器の図があればさらにピンポイントで、
その個所のマイナス波動を探し出すことが出来ます。

またその場所のエラーとなっている状態をも、知ることが出来るようになっていきます。

そして、その急所となっている個所に集中してエネルギーを入れることによって、
劇的な効果も期待できるようになっていくのです。

また、このような方法ですと場所を問わず、相手がいなくても十分に測定から、
波動の改善まで有効に行うことが出来ていきます。

ですから手のひら測定という、概要を掴む方法から始まり、対象となるものを
ピンポイントで絞り込むまでの技術へと、段階的に訓練されていくのがよいと思います。

あと、人体図などに乗せたSEカードは、定期的に休憩させてあげてください。

24時間稼働している工場でも、2交代制や3交代制で行っているのと同じように、
SEカードもローテーションをしながら使ってもらえれば、その間にSEカードのパワーも
復活していきますので、そのようにしていただけたらと思います。

マイナス波動を吸収すると、浄化作用のスピードが落ちますので、そのようにして
使ってみてください。



【SE研究所ホームページ】
http://www.selabo.jp/

【心と波動の世界・総合版】
http://sefuti.seesaa.net/

【ダウジング通信講座実施中】
http://www.selabo.jp/tushin/info.html

【SE研究会・ワークショップ】
http://sefuti.seesaa.net/category/7282764-1.html

【SE研究所・波動ショップ】
http://selaboshop.cart.fc2.com/


Copyright © 心と波動の世界・質問集. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。