心と波動の世界の質疑応答集

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慈悲とはどういう意味ですか?-2
前回の続きです。

こんな質問がまた来たのです。

もっともな事だと思います。


一般的な暮らしをしていると誰もが相手と対等になるのでそんな気持ちになれず、争いが起こる訳ですね。

何かしらの頂点に立った時、そのような気持ちにならなければいけないと気がつくように思います。

頂点とは決して物理的な事を言うのではありませんが、何かしらで自分自身が登り詰めなければ慈悲の心とは無縁の世界になるように思えます。

物理的にも精神的にも自分が底辺にあるうちは慈悲の心を持つなんて意味すら分からないと思います。

でも、他人には要求すると思います。

ふと、思いましたが、太陽は、太陽以外の(自分以外の)ものの為に光を出しているのでしょうか?

そうではないと私は思うのです。

光輝いているのは役目なんかでもないと思います。

それは宇宙の仕組みの一部に過ぎないのだと考えます。

今こうして文章を書いていて、慈悲の心を持つ事と、太陽が光を放つ事はちょっと違うように思えて来ました。

私たちは太陽や月が無ければ生きて行けません。

他の天体やエネルギー的なもの全てにおいて全てです。

空気、水エトセトラ。

ここまで来ると身の回り全てです。

それらは私たちの為に有るわけではなくて、私たちと同様に皆宇宙の一部として仕組みの中で秩序を保ち存在しています。

うーん、益々慈悲の心と繋がらなくなって来ました。



確かに、太陽の光も、その様な宇宙のバランスという仕組みの中で動いているだけ、といってもいいとはもちろん思います。

しかし、仕組みとはいっても、そこから何を見いだすかは、私たちの感性です。

そこから、科学的にそのような仕組みだということで、考えを結論づけるのと、そこから哲学的に、人間の生き方に照らし併せて考えてみる、という思考があると思います。

そこに、心の成長があり、人生の学びがあるのだと思います。

私自身は自然界から常にその様な見方で、自分自身のあり方を照らし合わせてみる、という事が大事だと思っています。

慈悲というのは道徳的な概念ではなく、自然界の複雑な仕組みそのものが、すべてが相互作用によって絶妙なバランスがとれながら、在しあえる姿なのだと思います。

太陽の光がなくなったら、生命はなくなるでしょう。

また人体では、心臓が絶え間なく動いて、全身に血液を送っているから生きていれるのですが、これも仕組みです。

特別に生きたいからと願って、心臓に頼んだ分けではありません。

でも、毎日毎日、その作用があるから、生きていれるのは事実です。

たとえ仕組みだとはいっても、それで生きているのは事実ですから、ありがたいと思うのは大事だと思います。

それを当たり前と思う心と、ありがたいと思う心には、今後の人間性の形成にも大きく変わってくると思います。

逆に、ありがたいと思われる存在は、その様なことに関わらず、毎日毎日、黙って無条件で、必要なものを送り続けているわけです。

喜ばれるからとか、見返りがあるからではなく、生かすために働いている存在がある、ということは、事実ですから、それは改めて認識しておくべきだと思います。

自然界から、そのような仕組みが伺えますが、私達はそこから何を学ぶかです。

仕組みだから当たり前という見方と、そこから人間としての生き方に当てはめて、見返りがないとしても、周囲を生かすためには、太陽なり、心臓なり、といった立場で物事を考え、生きようと思う人もいるわけです。

もちろん、そうでない人もいます。

それは、その人の感性と考え方ですから、どのような考えを持つのも自由かとは思います。

ただ物事には中心があって、その中心を回っているという仕組みはすべてにあります。

最小の単位では、家庭もそうでしょう。

例えば母親がいて、その周りを回りように子供がいるというのも、太陽と惑星の関係と似ていると思います。

ふつうの感覚ならば、母親は、(もちろん父親もですが) 打算や見返りなど無しに、無条件で、立派な人間になるように子供を育てるでしょう。

それも、太陽が地上に与える光と、よく関係が似ていると思います。

その意味で、子育ても慈悲の心の現れだと言ってもいいと思います。

まさか、これに関しては、これはそうするのが当たり前で、その様な仕組みだから、という人はいないと思います。

「愛情」というエネルギーをたっぷりもらった子供は、親になったら、太陽のような存在で、慈悲の心を子供に与えながら子育てをしてていくでしょう。

慈悲の心というものを知るのは、自分自身が、どのような存在として生きるのかということを常に考え、その自分自身で考える生き方を実践して、身につけていくしかないでしょうね。


・・・こんなことを書かせていただきました。

皆さんだったら、どのように考えられるでしょう。



【SE研究所ホームページ】
http://www.selabo.jp/

【心と波動の世界・総合版】
http://sefuti.seesaa.net/

【ダウジング通信講座実施中】
http://www.selabo.jp/tushin/info.html


スポンサーサイト

慈悲とはどういう意味ですか?-1

タイトルそのままのご質問をいただきました。

ただ、私は、宗教者でも哲学者でもなんでもないのですが、ただ思ったように書いてみました。



慈悲について


なかなか難しい概念です。

慈悲の概念は、私の考えですと、太陽の存在を考えると、何となくつかめるように思います。

太陽は、地球の空が曇りだろうと、雨だろうと、常に私たちの環境に合った光を与えてくれています。

自然界の仕組みだと言ってしまったら、それまでですが・・・

空が晴れたときも、曇り空の時も、一定の光です。

季節によって違うのは、受ける地表の角度が微妙に変化するからです。

太陽そのものが調整しているわけではありません。

まして、そこに住んでいる人や生息している生き物によって、太陽の光の当て方を変えているわけではありませんね。

みな、一定の光で平等に生命の為の光、エネルギーを与え続けています。

それの光をまんべんなく受けられるかどうかは、住んでいる環境や、その人の生活行為によって違うだけなのです。


私たちの心が、太陽だったとすると、その光は、誰に対しても精一杯の心のエネルギーを与えるということになります。

ただし、その心のエネルギーを受けるかどうかは、常に相手の問題です。

誰に対しても、差別なく平等に、最大限の心を尽くす、真心を尽くす、思いやりの心で接するという事だと思います。

仮に、何らかの都合で相手が反発したり、無視したりしても、そのことに対して、またその人に対しても、もし太陽ならば、じっとその人たちに対しても、光を与え続けるはずです。

決して、「では、その人には光を与えない」、などということはないと思います。


私たちの心も、その様にあって欲しいものです。

あの人には、親切にするけれども、この人は気に食わないから無視する、などということが仮にあったとすれば、それは、太陽の心と違います。

太陽の光が慈悲であったとしたら、その様な行為は慈悲ではなく、偽善になってしまうでしょう。

自分に気に食わない人がいたら、その人が良くなるまで、じっと心の光を与え続ける、そして良くなってくれる時をじっと、静かに待ち続けること。

間違っても、怒りの心で相手に攻撃をしない、ということだと思います。


慈悲は、自光 ( 自から光る、じひ ) だと思います。

自らが太陽の心となり、また化身となって、自らの心を光らせ、周囲を明るく照らすという意味で、自光。

自ら輝きを持って、その光ですべての人に、平等にその光、真心を与え続けるという事だと思います。


その為には、太陽のような心を持たなければなりません。

太陽の心とは、言い方を変えると天上界の人たちと同じ心になって、その心ですべての人に接するということです。

その心になったとき、その人の心は、天に昇華しその世界の住民と同じ心で、分け隔てなく、暖かいまなざしですべての人に接することになると思います。

その時の心の状態の現れが、慈悲という行為になるのだと思います。

その意味で、慈悲の心の現れは、そのまま神の世界の心の現れといってもいいと思います。


ちょっと抽象的ではありますが、思いつくままに書いてみました。

あくまでも、自分自身の見解です。


~そうしましたら、この様な返事をいただきました。

ふと、思いましたが、太陽は、太陽以外の(自分以外の)ものの為に光を出しているのでしょうか?

そうではないと私は思うのです。

光輝いているのは役目なんかでもないと思います。

それは宇宙の仕組みの一部に過ぎないのだと考えます。

今こうして文章を書いていて、慈悲の心を持つ事と、太陽が光を放つ事はちょっと違うように思えて来ました。



それで、また自分なりの見解をメールさせていただきました。


~続く~



【SE研究所ホームページ】
http://www.selabo.jp/

【心と波動の世界・総合版】
http://sefuti.seesaa.net/

【ダウジング通信講座実施中】
http://www.selabo.jp/tushin/info.html

【SE研究会 心と波動の勉強会】
http://www.selabo.jp/semi/info.html

【心と体を高める波動ショップ】
http://selaboshop.cart.fc2.com/





通信講座初級編1回目での体験
○○様
初級編 1回目 ありがとうございます。
以下、感想をいただきましたので、抜粋した内容で書かせていただきます。


手のひらで健康状態をみると今日は 頚椎と骨盤が左に回ります。

朝からめずらしく右腰が痛かったのです。
頚椎は おとといから左首の付け根にコリの塊がありそこから右肩にも痛みがきます。
30年前からです。

首の方は一昨日から紙に痛いところを書き、四角の結界で囲み、シール判を置いてあり今日はずいぶんと良くはなっていたのですが、反応がでました。

教本通りに手のひらの写真にシールをおき、太陽エネルギー注入カードを使ってパワーを送りましたところ、1時間ほどで、腰の痛みが軽減しています。

完全に治っているのではないのですが、痛みが9割ほどなくなっています。
すごいですねー。

母のも見てみました。
喉、心臓、右肺、胃、左足全体、背骨、骨盤にでました。
同じようにパワーを注入しましたが、今日から夫婦でショートステイに行き、感想はまだ聞けません。

病院では内科的には問題はなく、治療がないので入院はないといわれていますが、 家では満足に歩けず、すぐに咳き込み止まらなくなります。
喉の調子も悪くつばでもむせて誤嚥をします。

毎日くたびれているので、まず 自分にもパワーを、いれながらなんとかやっています。
私の周りには沢山病気の 人がいるので、まず練習をして徐々にパワーを送りたいと思っています。



早速、体感をされましたね。
当面は、マニュアル通りにやっていただければ、それだけでも良い結果が出せると思います。

お母様の反応は、けっこうあちこちに出ているのですね。
頭の波動も影響しているかと思います。

この事に関しては、中級編の第四回目出てきますが、かなりの症状が、脳の部分が関わっていることが多いので、その段階になったら、頭の断面図で波動チェックされるといいと思います。

咳などは、やはり脳の波動が影響していると思います。

施設や病院などにいる人の波動改善には、室内環境の浄化も欠かせません。

これから、徐々に覚えていってください。



SE研究会8月「心と波動の勉強会」

★東京都品川

8月21日(日)10:30~17:00

心行についての解説
http://www.selabo.jp/semi/sinagawa.html


★長野市

8月28日(日)13:30~17:00

健康に役立つ波動測定と波動改善方法
http://www.selabo.jp/semi/info.html


★名古屋市

8月20日(土)1300~17:00

自主的な勉強会です。
http://www.selabo.jp/semi/nagoya.html

興味のある方は、ぜひご参加ください。


SE研究所ホームページ】
http://www.selabo.jp/

【心と波動の世界・総合版】
http://sefuti.seesaa.net/

【ダウジング通信講座実施中】
http://www.selabo.jp/tushin/info.html




霊が居着いてしまうような条件は何ですか?
ある方の建物の波動を調べたときでの、ご質問内容です。

店舗内の、ある一か所に霊的な反応がありました。
それに対しての内容です。


地縛霊は誰かについて来たものだったのでしょうか?
それにしても、霊が居着いてしまうような条件は何ですか?
霊が入って来ないようにしたいですが、手立てはありますか?



霊については、どうしてか、というのは難しいですね。
ただ、誰かが連れてきてしまう、ということしか、言いようがありません。

ここに留まらないというよりも、入り込まないようにするには、明るい雰囲気造りはもちろんですが、
心の中で、このジム全体が、太陽からの世界で包まれ、明るく、
どの場所もその光で、輝いているようにイメージしながら、念ずることも大事です。

建物の四方に、SEカードで結界を作るのも手でしょうが・・・
しかし、心の中身が伴わないと、それだけでは、やはり不完全です。

あと、暗い心は絶対に持たないことです。

暗い心の中には、周囲の人への悪口や、ゴシップ的な噂話も含まれます。
そのようなムードを作らないこと、またその芽を作らないこと。

社長が率先して、明るい心を表に出して、最大の接客マナーとして、
お客様にも、また社員にも表裏なく、明るく接することなどが大事かと思います。

しゃべることの一言ひとことにしても、口から黄金の光が出ているようにイメージして、
それに見合った言葉を発することも大事です。

言葉は、勢いでしゃべることよりも、ワンテンポずらしてでも、よく考え、ゆっくりと、
相手の気持ちを考えながら語ることです。

温かい心で、冷静に一言ひとこと考えながら、間違っても、感情に振り回されたり、
ネガティブな心に支配されないように気を付けながら、しゃべることが大事です。

意識しないと、ややもすると言葉の波動からは、スモッグしか出なくなってしまいがちです。
これも、日頃の習慣です。

霊的なものは、日頃の心のすき間をねらって、入り込んでくるものです。

ですから、何をするとか、何を置いて守る、という形的なものよりも、
心の奥から、明るいものを作り出して、その場の雰囲気を高めていく、
ということが、結果として、最大の防御にもなると思います。

ですから大事なのは、形よりも心です。

霊的なものの影響を受けたくなかったら、そのような世界の波動の心と接点を持たないことです。
地縛霊や地獄霊と同調するだろうと思われる、低い心を作らないことです。

そのためには、日頃の心をいかに高くしていくか、のみを考え、実践して生きていってください。

以前、除霊と称して、空間に、波動の高い特殊な液体を撒く、というところもある、
という話を聞いたことがあります。

しかし、空間の波動はよくなっても、霊的なものは、その人の心の波長に応じたものが寄ってきます。

ですから、まずは、自らのの心を明るく、高くするようにしてください。
悪いこと、足を引っ張ることに対しては、寡黙な態度をとってください。

その様な会話をするような人たちのいる環境であっても、会話に同調しないことです。
マイナス情報や噂話に,口と心を合わせないことです。

見ざる
聞かざる
言わざる です。

そして、思慮深い言葉を発して、その環境を良くすることのみに、心と言葉を使ってください。
そうすれば、霊的な事柄からの影響しなくなっていくことでしょう。

・・・と思います。



SE研究会8月「心と波動の勉強会」

★東京都品川

8月21日(日)10:30~17:00
心行についての解説
http://www.selabo.jp/semi/sinagawa.html


★長野市

8月28日(日)13:30~17:00
健康に役立つ波動測定と波動改善方法
http://www.selabo.jp/semi/info.html


★名古屋市

8月20日(土)1300~17:00
自主的な勉強会です。
http://www.selabo.jp/semi/nagoya.html
興味のある方は、ぜひご参加ください。


SE研究所ホームページ】
http://www.selabo.jp/

【心と波動の世界・総合版】
http://sefuti.seesaa.net/

【ダウジング通信講座実施中】
http://www.selabo.jp/tushin/info.html



通信講座入門編2での質問

ダウジング通信講座を受けている方からのご質問です。


お世話になっています。

入門2回目をさっそく始めておりますが、今回はちょっと苦戦しております。

「顕在意識とフーチをチューニングする」で、だいたい9割ぐらいはOKなのですが、
1割ぐらいは間違います。

同じ問題でも、日によって振り子動きが違ったりしております。

そこで、質問なのですが、「意識と振り子の動きをあわせていく」とは
具体的にどのようにすることでしょうか?

例えば、4+5=9の場合、

・これは正しいと意識することでしょうか?
・これは正しいので右に回るべきと意識することでしょうか?
・あくまで何も意識しないで、正しく回るまで、何回も練習することでしょうか?

あと、潜在意識を探る方についても、自分のことながら違った回り方をする質問があり、
同じ質問でも、日によって振り子の動きが違ったりしております。

これについても、具体的にどのようにチューニングすればよいのでしょうか?
チューニングの方法がよくわからず、ご指導いただけましたら幸いです。




ご質問ありがとうございます。

入門の2のご質問の内容ですが、意識と振り子の動きをあわせていくには、段階があります。

最初に、表面の部分である顕在意識、そして潜在意識の世界へと向かっていきます。
この場合は、まずは入り口部分であります、顕在意識と振り子の動きが合致するようにしていきます。

顕在意識は、自分で考えていること、思っていることと一致させるということです。
それは、すべて自分でわかっている範囲での正解とされる部分と、合致させると言うことです。

この段階で、潜在意識とコンタクトをとるとしても、そう簡単にはいきません。
まずは、頭で正解として理解できるものと、実際の動きとを結びつけていきます。

ですから、この計算の例題の場合でも、当然ながら頭では正解がわかっていますから、
その正解としての動きができるように振り子の動きを、し向けていきます。

この設問は正しいから、右に回るという意識付けでよいです。
自分の意識によって操作できるようにしてください。

次の段階で、潜在意識の世界に、と入っていきます。

ただ、世間一般で言っているほどには、潜在意識の世界にきっちり入り、正しい情報を得る、
というのは、決して簡単なことではありません。

これは、太陽のエネルギーを心に入れる、瞑想をしっかりやって心のスモッグを出して、
心を透明にしていく・・・

という地道な、日々の積み重ねでのみ、次第にその世界からのエネルギー、情報が流れ出します。

いつ実現するかは、その人の心の状態にかかっています。

早い人もいれば、時間のかかる人もいるでしょう。
それは、仕方がありません。

今までの人生で作り上げてきた、心の状態が整理され、天の世界と同じ心の波長になっていく・・・
という中で、徐々にできあがっていくものですから。

しかし毎日毎日取り組んでいき、日々の生活で、天の世界に住んでいる人の心を想像し、
その振る舞いを自分でも表してみる、

というように、日常の生き方を意識して変えていく中で、それは実現していきます。
そうすることによって、徐々にその状態に入っていきます。

ですから潜在意識の世界の結び付きは、焦らずにじっくり取り組んでください。
同時に、心の浄化が伴っていかないと、現実問題は無理な話です。

また、よそて謳っているような、潜在意識に聞いてみましょう、
問いかけしてみましょう、教えてください、というような方法では、

予期しない霊や動物霊を引き込み込む要因を作ってしまいますから、
それは絶対にしないでください。

この通信講座の内容で目的としているのは、振り子という、
ダウジングというものを使いながら、知らない世界の何者かから、
未知なる何か、を教えてもらうというのではなく、

この事を通じ、心の仕組み、あり方を再認識し、そして波動の仕組み、
エネルギーの法則を理解し、それを自らの意識で正しく活用することにあります。

正しく活用するには、私たち自身が、天の御心に適った心を作り上げるのです。

その為にどうすればいいか・・・

それを、この通信講座の上級編まで、を通じて会得していただきたいのです。
それを目的に、段階的に作成したものです。

是非、多くの人に受講していただきたいと思っております。

通信講座の内容は、毎回見直しながら、最新の改訂版で発送させいただいています。



8月SE研究会「心と波動の勉強会」スケジュールです。

★東京都品川

8月21日(日)10:30~17:00

心行についての解説
http://www.selabo.jp/semi/sinagawa.html

★長野市

8月28日(日)13:30~17:00

健康に役立つ波動測定と波動改善方法
http://www.selabo.jp/semi/info.html

★名古屋市

8月20日(土)1300~17:00
自主的な勉強会です。
http://www.selabo.jp/semi/nagoya.html

興味のある方は、ぜひご参加ください。


SE研究所ホームページ】
http://www.selabo.jp/

【心と波動の世界・総合版】
http://sefuti.seesaa.net/

【ダウジング通信講座実施中】
http://www.selabo.jp/tushin/info.html


Copyright © 心と波動の世界・質問集. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。