心と波動の世界の質疑応答集

運-3(金運)
金運ですが、私も欲しいと思っている人間です。

私も現実に事業を営んでいる人間でいす。
お金の問題は、死活問題です。

ですから私も、よく悩み苦しみます。


よくお金はエネルギーだという方もいます。
全くその通りだと思います。

金持ちや投資家にはお金が集まりますが、それは別にどうでもいいことです。
したい人はすればいいのです。

ただし、志を間違えると、後々致命傷を負いますよ、という事だけは言っておきます。

いい事例が、今年は2つもありましたね。

そんな事には、興味を持たない事です。
普通に生活できる分だけお金はあれば、いいのです。

余ったお金は、自分の資質を高めるため、家族と喜びを共有できるため、また世の中に還元できるように考え使いましょう。

自分だけの為に蓄えない事です。
入った分は、何かしらの事で、与える事の為に使い、多くの人と喜びを共有できるようにして行きましょう。


純粋にお金は、した行為への代償として、集まってくるものだと思います。
(それも出来れば感謝の表れとしての代償であって欲しい)

今の世の中は、変だ、おかしいという人も多いですが、まだまだ世の中捨てたものではありません。

何か物をつくる、提供するという行為に対して、「ありがとう」という気持ちを添えてお金を払ってくれる人も沢山いるのです。

ありがたいことです。
その言葉、気持ちが明日への活力になるのです。

その様に捉えると、相手を、お客様を喜ばせる事が、結果としてお金も含めて、ありがとうという気持ちが返って来ることになる。

言い方を変えると、喜んでいただけるようなエネルギーを、形に変えて提供する行為が、循環の法則に基づいて、感謝の心となって、お金に変化して戻ってくるものであると思います。


お釈迦様の説かれた八正道の正業=正しく仕事をする
に通じてくるものがあると思います。


誰でもお金は沢山欲しいですが、まずは、与えたものが返って来るという鉄則をよく心に受け止めてください。


その場合、ただ商品を並べる事だけでは駄目です。

そこに、感謝の心、相手が幸せになって欲しいという心、ありがとうという心を、必ず波動として入れることです。

そのエネルギーの作用が、お金となって、感謝の気持ちと共に返って来るのだと思います。

そのようなサイクルが自然と出来ていったら、必要なお金は自然と集まってくるでしょう。


欲しい、自分だけ儲けたい、というだけの「奪う心」は駄目ですよ。

一時、お金が入る事があっても、何かの拍子に、奪われるようにお金が出て行ってしまったり、それに類似する事が起きてしまいましすら。


悪どい商売が続かないのも、その法則が働くからです。


そのようにして、常に安らかに心の中で、多くの人に、「幸せ」というエネルギーを送りましょう。
金銭も含めて、何らかの形で返って来るはずです。

これが、永遠に繁盛する秘訣かも知れませんね。

ひょっとしたら、その中に、大黒天の役割の人が現れて、状況を良くしてくれるかもしれませんよ。

専用の質問箱掲示板です。
毎週、月曜日の22:00から集中してお答えしています。
日頃の悩み、ご質問はこちらに書き込みしてください。
http://bbs7.fc2.com/php/e.php/selabo/




スポンサーサイト

運-2
運勢がどうだから、という見方では、いつになっても主体性のある生き方は出来ないのです。

ひとつ、年月日の描く運勢には、だれもが気がつかなかった盲点が実はあるのです。

それは、全て地球上での波動を受けているという点です。

それを逃れるには、ご自分の意識を、或いは心を宇宙に向けるのです。

肉体的なものはともかく、心の面、精神的な面の影響は、宇宙から、或いは太陽から流れてきているエネルギーをストレートに受ける、という思いをしていく、運気も含めて、全てそちらの世界からダイレクトに受けるように、心でイメージしていくのです。


確かに、私達は地球という環境からはあらゆる意味で逃れられる事はありません。

しかし、人間は本来、霊的な存在です。

それも、浮遊霊みたいにその辺をフラフラさまよっていた存在ではなかったのです。


生まれてくる前の世界、天上界は、この地球にあるのではなく、地球を取り巻く外側の世界、すなわち宇宙空間にある、意識界にあったのです。

この事をよく知ってください。


その世界では、厄年とか、大殺界等というものは存在していないはずです。

それは、直接太陽からのエネルギーをストレートに受けているからです。
ですから、肉体的なハンディはあったとしても、同様に、ストレートにエネルギーを受けるように、心の中でつくればよいのです。

厄年の影響や、大殺界等の影響を受けない、またそのような作用を乗り越えていく、という事は、突き詰めれば地球よりも大きな心を持っていくことです。

エネルギーは、大は小を支配するという、厳然とした法則があります。

通常では、ですから地球が複合的に描く波動の支配下に置かれてしまいます。

ですから、地球よりも大きな心をもち、その受けているエネルギーの関係を逆転させていく事です。

そうすれは、運勢に翻弄されない人生が歩める事になるでしょう。

高橋信次先生も、心のあり方を正しくする事により、全てを乗り越えられると説いておられました。
ですから、人生の羅針盤を廃棄されたのでした。
今、もう一度、この言葉の意味をよく考える事が大事でしょう。

専用の質問箱掲示板です。
毎週、月曜日の22:00から集中してお答えしています。
日頃の悩み、ご質問はこちらに書き込みしてください。
http://bbs7.fc2.com/php/e.php/selabo/





運-1
運勢の良い年や厄年 また、細木数子さんの大殺界などとよく聞きますが、これらは決まっているものですか。影響はあるかと思いますが、それを好転させることは出来ないものでしょうか。

金運について教えてほしいです。一生懸命働くのが一番とは思いますが、持っている人は持っているようで、持っていない者は何時までも貧乏状態で、やはりなにかあるのでしょうね。もう少しお金と仲良くなりたいですね。


人生の筋書き、今生ですべき事はあの世で、あらかた決めて生まれてくるようです。
しかし、それは、自分自身のテーマとして決めてくるものでありますので、何かの力によって強制されてくるものではありません。

まず、運勢を良くすることですが、私の持論ですが、本来は一番良い運勢の中で人生が送れるように、自分自身で人生を設計してくるものであると思っています。

ですから、運勢を良くするというのではなく、本来の一番良い状態に戻す、という事だと思います。

それだけ、思念と行為のズレが、自分自身の波動を下げてしまい、本来の運勢から遠ざけてしまっているものであると思います。


人間も、この地上に生まれると、さまざまな波動の影響を一様に受けます。

その自然界の描くリズムと、人間の生命の描くリズムとのバランスで、良い年や厄年というものがあるのではないかと思っています。
これを統計的にまとめたのが、四柱推命であったり、気学であったり、大殺界であったりするのでしょう。


私の尊敬する高橋信次先生も、生まれてくる月日によって受ける、太陽、月、地球の運行のから受ける波動を分析した「人生の羅針盤」という測定盤を作られた時期がありました。
それは、100発100中の精度を誇っていたそうです。

(あまりの精度の高さから、逆に悪用を懸念されて、全て破棄されたそうです。)


ですから、それらのリズムを知ることも大事だと思います。

昔、カシオ計算機の電子手帳に占いカードというのがありました。
九進法で割り出す気学であったのですが、とても良く当たるのでビックリすると共に、使い切るまで手放せなくなりました。

ですから私は、今は全く占いの世界には興味はありませんが、といって否定する気持ちもありません。
やはり、生年月日によって運気の流れがあるということは、肯定せざるを得ないと思います。

そして通常のリズムの中で生きている以上は、その波動によって描かれる影響からは逃れる事は難しいでしょう。


以前、セミナーでの質問に、

「占いで見てもらったら、ここ数年間は動いてはいけない、と言われたが、住居も移動したしたいし、どうしたらよいか。」

というような内容がありました。

私は、

「もし、移転したいと思って、出来なかった場合、或いはしなかった場合、貴方がそれまでに死んでしまったらどうしますか。悔いが残るでしょう。」

というような事を言わせていただきました。

その方は、何か分かってもらえたようです。

いくら、悪いといわれている時期、或いはその場所が悪いと分かっていても、行く時には行く、その時期であってもすべき事はするのです。

そのようにして、自分の思いを先に持っていく、主体性のある生き方をしてもらいたいのです。


専用の質問箱掲示板です。
毎週、月曜日の22:00から集中してお答えしています。
日頃の悩み、ご質問はこちらに書き込みしてください。
http://bbs7.fc2.com/php/e.php/selabo/






天の意思
世界中に数え切れない程の信仰や宗教があり、ご神仏様がお祀りされ、平和や幸せを願っていることですが、何ともならない様な世界中で勃発する戦争やテロ等、アジアでもテポドン、拉致問題や飢え餓死、難民。

また、日本でも何回も異常気象に見回れたり不景気、異常的な事件など、近頃では天候でさえ年々おかしな事になってきていると思いますが、何かが違って来ているのかと思います。

ご神仏様の意に沿わないことが多いのか、波動が合っていないのか、願いが叶っていないのか、何かが違っているのでしょうね。

これは各家庭でも個人でも同じと思いますが。
どうなのでしょうね。
何とかる方法がないものかと思います。

人間の考え方のパワーが天につばを吐く様な状態でそうさせているのかなとも思いました。



神は宇宙にひとつであり、また宇宙全体そのものでもあります。

それを理解できない人たちが、人間の頭で捉えた教義で、勝手に色々なものを作ってしまいました。

世界宗教である、キリスト教、仏教、イスラム教、あるいは神道も元は全て同じ高次元の世界から、宇宙の本質を捉え、受けた啓示宗教であります。

それが、後々の人の解釈、また受ける人の器、魂のレベルによる認識のできる差によって、大きく変化してしまいました。

殆どの宗教が、いつの間にか、教祖を崇める、偶像を拝むなどという事になってしまいました。

その元で、仮に世界平和を祈っても、よほどの純粋な思いでないと、あの世の高い次元の世界には通じないのではないでしょうか。

どこかの宗教に属していると、大概の場合、祈るとき、拝むとき、開祖や教祖を通じての波動が入ってしまいます。

その教祖がホンモノであればいいですが、なかなかそうはいきません。

残念ながらニセモノが多いのです。


祈るほうは、純粋であっても、教祖の心の姿勢が間違っている場合、そのような祈りをする限りは、その間違った波動を受けてしまいます。


また、中近東は、サタンの影響をまともに受けています。
それだけに、混乱がまだまだ続きます。
アメリカは、常に平和という口実の元、やはりその影響で、紛争の火種をさらに大きくしていきます。

これには、強烈なカンフル剤が必要です。
どうにもなりません。

やがて、イエスキリストの本体が生まれて、またまた自己犠牲という強烈な方法で解決させる事でしょう。

それ以降に、ようやく世界は一つの方向にまとまるのだそうです。

まだまだ、100年以上先の話です。

(高橋信次先生の予言による)


あの世から、強制的に直さなければ、そこの人たちが、気づかないと判断された場合、天変地変が起こります。

そして、リセットしてしまうのです。
それをしなければ、もっとひどい状態になってしまうからです。

旧約聖書のバベルの塔みたいなものです。


皮肉な事に、紛争はどこまで行っても争いが消えず、憎しみが怨念のように続きますが、天変地変の時は、お互いに協力して助け合うようになっていくのです。

そして、紛争と違って、恨む相手がいないため、人々の意識を変えやすいのです。


もちろん、調和された環境、また、神に近い心の人の周囲には、大きな災害は起こりません。


今は世界中の様子がマスコミを通じ、或いはインターネットを通じて手に取るように入ってきます。
それだけに、心配される向きもあると思います。

しかし、まずは、ご自身の周辺の環境を光輝くものにしていきましょう。

気づいた人同士の、お互いが平和な心を伝えることによって、その場所は天から守られた場所になっていきます。

まずは、そのような環境を、心ある人たちで、日本中に作るのです。

そして、その「心」を世界に輸出するのです。

このことで、徐々に世界が平和になっていくものだと思います。

一人ひとりが、闇を照らすロウソクの炎になりたいものです。

世界の平和、ユートピアの道は、まずは自分自身の心にあることを良く自覚してください。

日本人の魂は、みな偉大です。
その心を持ている人々が、今の日本には大勢生まれてきています。

そういった意味では、私達は、もっともっと自分自身を自覚しなければいけません。

世界に対して、それだけの、大きな使命を持っているのが日本人なのです。

専用の質問箱掲示板です。
毎週、月曜日の22:00から集中してお答えしています。
日頃の悩み、ご質問はこちらに書き込みしてください。
http://bbs7.fc2.com/php/e.php/selabo/




神社仏閣

神社仏閣や御祈願などは私たちが本来思っているような効力や期待はどうでしょうか。
全国の有名な神社仏閣の御札はやはり効力、パワーがあるのでしょうね。
良いエネルギーだけだと思いますが、なかなか神力顕現されにくいこともありますね(ご神仏様に失礼かな)
人によって違うとか、ご神仏様との相性やご神仏様にも得意、不得意があったり、願う方の人間性や波長や何かの程度、基準などで神力顕現なされるのでしょうかね。
ご神仏様は神社仏閣などのご本殿なのか、どちらにいらっしゃるのでしょうね。
しかし、確かに目に見えない不思議と思えることや偶然や有り難いことはありますね。



元々は、神社仏閣は波動の高い場所に建てられているはずです。

ただ、そこに拝みに来る人の波動の影響は、ばかになりません。
お願い事が多いほど、その場所の波動は下がります。

そして残念な事に、ご利益信仰を表に出しているところほど、動物霊の巣になってしまいます。


本来は今存在している事への、感謝の思いを表す場所でなくてはなりません。

今の神社仏閣は、まるで叶う事の出来ない、アラジンの魔法のランプみたいなものです。


神仏は、我々の心の中を通じた世界に存在しています。

外にあるものに拝む事で得られるものではないのです。

もし、それで得られたとしたら、動物霊か、仙人界の波動、あるいは天狗界の世界の波動によるものでしょう。

よくよく気をつけなければなりません。

もしも、それで叶ったとしても、必ず何かを代償にされてしまうはずです。


ただ、何かの区切りとして、そのような場所で、心を新たにされることは良いでしょう。


波動が精妙である場所の神社仏閣では、その場の持つエネルギーによって、来る人の心も浄化してしまいます。

ですから、そのような意味では、祈りが通じやすくなると思います。


祈りが聞かれるのは、そこの神様が聞いて下さるのではないのです。

その人の心に元々専属で見守ってくる、あの世の人たちのお陰です。

(私達も、あの世に戻ったら同様な事をして、この世の人を見守るのですよ。)

たまたま、その場所の波動が良いと心の波動が高まり、ご自分の潜在意識に存在する見守ってくださる存在と、コンタクトが取れやすくなっただけの話です。

ですから、どこにいても、心を純粋に、あるいはきれいに保つ事で、祈りは聞かれるはずです。

神社仏閣は、実は私達の心の中に荘厳なる輝きをもって存在し続けていることを知ってください。

それを外側に求めると、間違いの元になってしまいます。

モーゼの
「汝、偶像を拝む事なかれ」
の通りです。


専用の質問箱掲示板です。
毎週、月曜日の22:00から集中してお答えしています。
日頃の悩み、ご質問はこちらに書き込みしてください。
http://bbs7.fc2.com/php/e.php/selabo/



Copyright © 心と波動の世界・質問集. all rights reserved.