FC2ブログ
心と波動の世界の質疑応答集

コミュニケーション WILL 63より

今回のテーマ「コミュニケーション」について語ってみたいと思います。


人間は、単独で生きることが出来なく、生まれた瞬間から色々な人に囲まれていきながら成長し、人生を歩んでいきます。


その中で、常に存在しているのが「コミュニケーション」です。

それは、接着剤の働きをすれば、また剥離材の様な働きをしてしまいます。


良い方に働き、人々の心を突きつける吸引力にもなれば、一歩間違えるとバラバラにさせてしまうものでもあります。

誰でもが色々な人と楽しくコミュニケーションを取りたいと願っています。

しかし、それとは裏腹にコミュニケーションの上手い人、下手な人がいます。


その違いは何でしょう。

するといくつかの事柄が心に浮かんできました。


コミュニケーションの上手な人の三つの特徴


1 話し上手、聞き上手、聞き出し上手な人


率先して自分から話題を提供することができます。それも相手にとって有益な情報です。

しかしある時は、相手の話をじっくりと聞くことに徹します。

また相手の話を、相づちを打ちながらもっと深く聞き出します。

さらに人の悪口、陰口は会話に入れません。

会話の内容は、常に未来に向けて希望のある、発展的な事となります。

ですから、一緒にいて学ぶべき事柄が多くなります。


2 挨拶上手な人


挨拶の上手な人は、常に先に挨拶をします。先手必勝です。

笑顔で挨拶をします。その時の目つきは優しく包容力があります。

そして誰にでも挨拶をします。肩書、社会的な立場は関係なく、皆平等に挨拶をします。

知らない人とすれ違っても、軽く会釈をする習慣が身についています。

また、挨拶とは違いますが、人間関係を円滑にする基本的な会話というのがあります。

ありがとうございます、すみません、また宜しくお願いします。・・・等。

これらも、挨拶と同様に自然体で身についている人です。


3 行動が早い人


何においても、することが早いです。

会合などの出欠席の返事は早く出します。

いつも時間前に到着し、またスタートします。

常に時間を前倒しで使うのでゆとりが生まれます。

その時間で知識、教養を吸収していますから、その人からは、常に新鮮で有益な情報が得られます。

心に余裕が出来ますから、自然と相手に気配りが出来るようになります。

結果、相手から尊敬され、頼りにされます。

しかし行動が早いということは、相手をせかすことではありません。


ではコミュニケーションの下手な人の三つの特徴


1 話し下手、聞き下手、聞き出し下手の人


自分から話題を提供する事が出来なくても、大丈夫だと思います。

それよりも話題を提供する場合でも、相手にとって興味のない、不必要な話をし続けることは、相手にとって退屈さと苦痛を与えます。

またいつ息を吸うのだろうというくらい、一方的に喋り続ける人がいます。

こちらで、口を挟もうとしても、そのタイミングを与えません。

相手の話よりも、自分の話という人が、案外多かったりするものです。

そうなってしまいますと、良いお付き合いも難しくなります。

まして人の悪口、陰口、批判的な事が会話に入ってきたら、良識のある人はその人から去っていくことでしょう。


2 挨拶下手な人


こちらから声をかけても、挨拶をしない人がいます。

聞こえているのか、聞こえていないのか、まるっきり無視をされているようなものです。

また挨拶をしても、無表情だったり不満のある顔で挨拶をする人もいます。

そうなると結果、こちらからも挨拶をしなくなります。

偉い人にしか挨拶をしない、自分よりも立場の低い人には挨拶をしない、あるいは挨拶をされない限り挨拶はこちらからは絶対にしない・・・等。

そのような人は、人間関係においても確実に損します。

ありがとうございます、すみません、また宜しくお願いします、等の言葉が出ない人も同様です。


3 行動が遅い人


時間管理が苦手で、直前まで物事に追われています。そのため、いつも遅れ気味となってしまい、相手を待たせてしまいます。

また心に余裕がないため、相手に対しての配慮する心もゆとりも生まれません。

さらに次のことが詰まってきてしまうため、逆に相手をせかせてしまいます。

せかせかしている人とは、人は心を落ち着けてつきあうことは出来ません。



このようにコミュニケーションも、この3つのポイントをコントロールできれば円滑に行くでしょうし、逆にこの3つのポイントを一つでも無頓着にすれば上手くいかなくなってくるでしょう。

ほかにも要因はありますが、まずはこの3つのポイントを意識して行動してくことで、日常が変化してくるものではないでしょうか

・・・そのように思います。


表紙

WILL63コミニケーション

講演会11月4日


=====================================



毎月、各地で定期的に「心と波動の勉強会」を開催しております。

初めての方、基礎から学びたい方向けの基礎コースも開催しています。

遠方の方は、通信講座でもこの技術を学ぶことができます。


詳細は、SE研究所ホームページをご覧ください。



=====================================


ダウジング講習会
「心と波動の勉強会」ご案内



2月18日(日) 品川区大井町会場・応用研究コース
http://sefuti.seesaa.net/article/392328277.html


2月25日(日) 長野県長野市会場・基礎研究コース
http://sefuti.seesaa.net/article/395538408.html


3月03日(土) 新潟県上越市会場・一般研究コース
http://sefuti.seesaa.net/article/396032651.html


4月01日(日) 品川区スクエア荏原・SE波動改善法・基礎コース
http://sefuti.seesaa.net/article/427258728.html


=====================================


こちらもご覧ください
http://www.selabo.jp/semi/wsnaiyo.html

お問合せ、お申し込み先はこちらまでお願いいたします。

SE研究所
info@selabo.jp
tel 026-259-5567
fax 026-403-2201


=====================================


SE研究所波動ショップ・今月のおすすめ商品です
http://selaboshop.cart.fc2.com/?ca=51


=====================================


【SE研究所・ワークショップ】

【心と波動の世界・総合版】

【心と波動の世界・現象編】

【ダウジング通信講座実施中】

【SE研究所・波動ショップ】

【SE研究所・フェイスブック】



お問合せ先はこちらまでお願いいたします。

SE研究所
info@selabo.jp
tel 026-259-5567
fax 026-403-2201


=====================================

スポンサーサイト

出逢い WILL62より

出逢い

私たちは、今まで多くの人と出逢ってきました。

最初の出逢いは母、そして父、兄弟、祖父、祖母、親戚と、そしてやがて学校を通じて、先生や様々な友達関係が出来ていきます。

そして社会に出ると、出逢う人間関係の幅が大幅に増えていきます。

学校時代では同年齢か、先輩後輩とはいっても、そんなに年の差はありません。

しかし社会に出ると、年齢差、社会的な立場などとても幅広くなっていきます。

その中で大きく影響を受ける人もいます。

また直接のご縁ではなくても、書物を通じてその方の考え、思想に共鳴し影響を受けることも多々あります。

また直接色々な人に会うことによって、人生での生きる指針が変わっていく事があるでしょう。

出逢う人によって、私たち心は成長し、また自らの人格を造り上げていっているといっても過言ではないでしょう。


出逢うべくして出逢うという事もあります。

その人が求めていても、時期、タイミングが合わないと目の前にいても、なかなか会えないことが多いこともあろうかと思います。

それだけに、すべてが貴重なご縁となります。

出逢いがきっかけで、何が変わるのか分からないのが、この世の面白いところです。


私の場合、父が会社経営をしている家庭に生まれました。

父は、将来、後を継がせたかったのだと思います。

しかし、私は幼少の頃から目に見えない世界が気になり、また超能力に対するあこがれが常に心の中心にありました。

その時点ですでに、父の心を裏切り続けてきました。

大学では、文学部の教育課に行きました。

そこで教員の資格をとり、一時は教員生活を送っていました。

父は戦時中に、満州で教員をしたこともあったため、その事も好意的に受け入れていました。

しかし、時期が来たら会社に入れるつもりでいました。


ところで私は教員時代に、あることで首にひどい怪我をしました。

後遺症もありました。

しかしその首も治らないままに、その後修行の名目で、大阪の会社に入社しました。


その時に本で読んでいた、韓国の心霊治療家が日本に来日されるという事を聞きました。

しかも、京都に来られるというので、躍る心を押さえながら会いに行きました。

個人相談をしていただく中で、首に抱えていた不具合をあっという間に治してくださいました。

それは霊的な要素を含む不思議な体験でした。


その時に将来の予言をされました。

その話は相当に現実離れをしていました。


その時は、父の会社に戻るつもりでいましたから、話半分、そんなことはあるわけがない、という気持ちで聞いていました。

しかしその後、大阪の書店で「高橋信次」という方の本に出逢い、それまでいろいろな成功法則や心霊本、宗教書などを読みあさっていましたが、この方の本に、心が突き刺さりました。

その時の心霊治療家の先生との出逢い、本を通じての高橋信次先生との出逢いが、今の自分自身の人生の方向性を作り上げたといっても過言ではありません。


その後、心の中でその道を求め続けてきました。

紆余曲折の人生でした。

振り返っても失敗だらけの人生だったと思います。

しかし必然的に目に見えない流れの中で、自分としては望みたくない方向にあえて選択してきた結果、今日の状態になった様なものでした。


過去の道のりも、人生での色々な出逢いによって、必然的な流れに沿ってここまできた、この事を思うと、人生というのは、まんざら捨てたものではないなと思ったりします。

また過去の出来事、出逢った人のどれか一つでも欠けたら、ひょっとしたら今の流れは無かったのかもしれません。

もしも、人生に物語があり脚本があるとするのならば、その脚本に出てくる登場人物には、善人も悪人もいます。

その様な人たちがオールキャストとして存在しているから、結果的に脚本通りの人生になるのかもしれません。


ドラマのサスペンスものも、善人しかいなかったら、抑揚のないつまらないものになってしまうでしょう。

ドラマでは色々な要素がある中で主人公が立ち向かいながらも、最後は大概の場合ハッピーエンド、もしくはスカッとしたエンディングになります。


人生のなかでは、その主人公は自分自身です。

その中で、ある時は称えられ、ある時はプライドを傷つけられ、けなされていく中で、最後はドラマの主人公のように、ハッピーエンドになるようにしたいものです。

そうだとしたらこの世での出逢いに一つとして無駄なものも、嫌なものも無いのかもしれません。

そうやって考え、日々生きていったらまた人生に新たな発見があるかもしれません。



17060601.jpg


WILL62.jpg


上越市講演会



================================


ダウジング講習会
「心と波動の勉強会」ご案内


08月20日(日) 品川区大井町会場・応用研究コース
http://sefuti.seesaa.net/article/392328277.html

08月27日(日) 長野県長野市会場・基礎研究コース
http://sefuti.seesaa.net/article/395538408.html

08月05日(土) 新潟県上越市会場・一般研究コース
http://sefuti.seesaa.net/article/396032651.html

10月01日(日) 品川区スクエア荏原・SE波動改善法・基礎コース
http://sefuti.seesaa.net/article/427258728.html


================================


こちらもご覧ください
http://www.selabo.jp/semi/wsnaiyo.html

お問合せ、お申し込み先はこちらまでお願いいたします。

SE研究所
info@selabo.jp
tel 026-259-5567
fax 026-403-2201


=====================================



【SE研究所・ワークショップ】

【心と波動の世界・総合版】

【心と波動の世界・現象編】

【ダウジング通信講座実施中】

【SE研究所・波動ショップ】

【SE研究所・フェイスブック】



こちらもご覧ください
http://www.selabo.jp/semi/wsnaiyo.html

お問合せ、お申し込み先はこちらまでお願いいたします。

SE研究所
info@selabo.jp
tel 026-259-5567
fax 026-403-2201



WILL No61 より「感謝」について感想を頂きました

WILL No61 より「感謝」について感想を頂きましたので、ご紹介させていただきます。

ただ今、送っていただいた冊子の8ページの感謝の所を読ませて頂き、今の私には
ドキッとする事があり、なぜか今の自分に当てはまり出来てない事がそのまま書いて
あり涙が出ました。

ありがとうございますm(__)m

また高橋信次さんの著書を探してみたいと思っております。
ありがとうございました。

感謝致しますm(__)m



============================


ありがとうございます。
このような感想を頂けると、とてもうれしく思います。

何か感じ取っていただけると、とても嬉しいです。

今月は「出逢い」という、またまた難しいテーマで、書きました。
会員さんには前回から会報と一緒にお送りしています。

過去の書いたバックナンバーは、ブログの「「心と波動の世界・質問集」のブログに
WILLというカテゴリーで保管しております。


次号では「出逢い」というテーマで記事を書きました。
すでに発行されていますので、ブログでも記事を掲載したいと思います。

会員さんには前回に引き続き、今月末に発送する会報と一緒にお送りする予定です。


本記事の「感謝」の記事のリンク先です。
是非お読みください。
http://selabo.blog53.fc2.com/blog-category-49.html


================================


「心と波動の勉強会」 ワークショップご案内


6月18日(日) 東京都品川ダウジング講習会「心と波動の勉強会」
http://sefuti.seesaa.net/article/392328277.html


6月25日(日) 長野市ダウジング講習会「心と波動の勉強会」
http://sefuti.seesaa.net/article/395538408.html


7月01日(土) 新潟県上越市 SE研究所所長 穂苅秀郎 講演会
http://sefuti.seesaa.net/article/450914038.html


7月01日(土) 上越市ダウジング講習会「心と波動の勉強会」
http://sefuti.seesaa.net/article/396032651.html


7月02日(日) 東京都品川SE波動改善法・基礎コース
http://sefuti.seesaa.net/article/427258728.html


こちらもご覧ください
http://www.selabo.jp/semi/wsnaiyo.html


お問合せ、お申し込み先はこちらまでお願いいたします。

SE研究所
info@selabo.jp
tel 026-259-5567
fax 026-403-2201


=====================================



【SE研究所・ワークショップ】

【心と波動の世界・総合版】

【心と波動の世界・現象編】

【ダウジング通信講座実施中】

【SE研究所・波動ショップ】

【SE研究所・フェイスブック】




「感謝」 WILL No61より

新潟県上越市で発行しています、WILLというフリーペーパー誌に
コラムを書かせていただいています。

今回は 「感謝」 というテーマで書きづってみました。

是非お読みください。



========================================


過日、国会の場で麻生太郎財務相と山本太郎議員との間で、こんなやりとりが
ありました。


山本太郎議員「人生で二番目に大事なものは何ですか」

ちなみに山本太郎議員曰く、一番目に大事なものは「空気」だそうです。

しかし麻生財務相の答えは、人生の本質を突いた哲学的な言葉でした。

それは、


「朝、希望を持って目覚め

昼は懸命に働き

夜は感謝とともに眠る。

この気持ちだと思います」


国会内にも、思わず「おおー」と驚きの声が上がっていました。

ここに、「感謝」という言葉が出てきます。

日本人の美徳であります。

感謝は、人間の心の基本でもあります。

しかし、いざその心になるというのは案外難しいものです。


感謝が出来るとき・・・、それは常に人から暖かい行為を受けた時です。

親切にされたり、手助けされたり、それも相手から何か交換条件があるのではなく、
その人のために無条件に尽くしてくれたときです。

打算がない行為を受けたときに、人は素直に感謝の気持ちが沸き上がってきます。

その時に、有り難いという気持ちになります。

だから「有り難う」なのです。


また周りの協力によって物事が成された時、自分という存在が認められ、また大切にされ、
そして祝福されているときでもあります。

それによって自然と、心が満たされていきます。


感謝の気持ちが沸き上がったら、その相手に何らかのお返しが必要です。

「恩に報いる」

という行為が必要なのです。

自分の心を感謝の気持ちとして相手に伝えるのです。

言葉だけでもいいのです。

その時に相手に、愛の心が自然に伝わっていくのです。


心の中が常に暖かく、愛の心で満たされている時、その人の心はそのまま、暖かい太陽の
日差しのような心となっていきます。

その様な関係が、お互いの人間関係の中で持てたら、おそらく世界は一変するでしょう。

もちろん、良い方向にです。


しかし、現実はなかなかその様にはいきません。

心の中に不平不満があると、感謝ができなくなります。

不平不満があると、好き嫌いの感情が激しくなります。

好き嫌いが激しいと、感謝が出来なくなるのです。

理性を差し押さえて、ついつい私たちは感情が先走りがちとなります。

自分の感情や好みで、好きと嫌いの線引きを無意識にしてしまいます。


そして嫌いなものに対しては、自然に避けようとします。

また排除しようとします。

当然ながら相手を受け入れることが出来ません。

嫌いな対象には感謝の気持ちを持つことも、愛の心を注ぐことも出来なってしまいます。

仮に嫌いな人から親切な行為を受けたとしても、よほどのことがない限り心の中は
受け入れられません。


ところで、好き嫌いはどこに現れてくるのでしょう。

好き嫌いは、まず食生活に現れます。


昔、高橋信次という大変な方がいました。

人間の心のあり方を説くために全国で講演活動をしていた方です。

そのお弟子さんに、某お寺のご住職がいました。

その方は豚肉を食べると、全身に湿疹が出てくるのです。


そのご住職、何が原因なのか知りたくて、高橋信次先生に聞きました。

すると、


「あなたは豚肉が嫌いですね。

あなたは豚肉に感謝の気持ちがない。

その心を直しなさい。

感謝の気持ちで食べることが大事なのです」


ということを言われたのです。

そのご住職、肉食はいけないという考えからか、いつのまにか豚肉を拒否する心に
なっていました。

そこで一念発起して、感謝の心を持つようにしたら、湿疹というアレルギー反応も
消えてしまったそうです。


そうなんです。

心から感謝する為には、好き嫌いを無くすことが大事なのです。

食べ物は、たとえどんな形であろうとも、命を捧げているのです。

そこに心を向けることなのです。


それは食を提供する側にも、消費する側にも共に言えることなのです。

人間関係も然りです。

していただいた行為は上手い下手は別としても、その行為を捧げてくれているのです。

その心をありがたく頂くことが、人間として大事なのです。

その時に自然と、していただいた行為に感謝の気持ちが生まれ、またその行為に対して
大きな愛の心が芽生えるようになるのです。


「感謝」という心と「恩に報いる」という行為は、私たちの心を大きく成長させ、地球に住む
全ての生命が「愛」という心の下で、意識が一つになるための大切な要素だったのです。


SE研究所
穗苅秀郎


17040701_201704272349587bd.jpg

17040702_2017042723500036a.jpg


========================================


SE研究会 ダウジング・ワークショップ

「心と波動の勉強会」のご案内


< 5月開催予定地 >


・新潟県上越市 上越市民プラザ

 5月06日(土)  一般研究コース
 13:30~17:00


・東京都品川区  中小企業センター

 5月21日(日) 応用研究コース
 10:00~17:30


・長野県長野市 社会福祉センター  

 5月28日(日) 基礎研究コース 
 13:30~16:30


詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.selabo.jp/semi/wsnaiyo.html

お問合せ、お申し込み先はこちらまでお願いいたします。

SE研究所

info@selabo.jp
tel 026-259-5567
fax 026-403-2201


WILL No60 心と波動より 「知識」 について

フリーペーパー誌 WILL No60号に、隔月で記事を書いています。

共通テーマは「心と波動」 そして今回のテーマは「知識」です。
お釈迦様の教えに基づいたお話を書いてみました。



================================


H29.2.12(日)に行われました、岐阜市「心と波動の勉強会」にて、
お話をさせていただきました。





================================


こちらは記事の全文です。
元原稿なので、多少違う部分があるかもしれません。


今回のWLIIのテーマは「知識」です。

人生の中で生きていく上で、知識は大事です。


お釈迦様は、知識や智慧のないことを「無明」と言いました。
明るさが無い、ということなのです。


またお釈迦さまは、人生の不幸には二つのことがあると言われました。
一つ目は無知であること。


つまり知ること、知るべきことを知らないことは、不幸だということになるのです。

勉強しないと、正しい知識が得られません。
また、幅広い知識がないと世の中のことを公平に見られません。

正しい見解を持たないと、ものの見方が歪みます。
特定の思想や考えに浸かってしまうとしまうと、心が歪みます。

学ぶ心がないと、良き友や人間関係を作れません。

人間は、だれでも向上心があります。
ですから、自分の能力や知識の幅が広がることで喜びを感じ、満足感を得ます。

知識を実践し智慧になったとき、その知識は体に、そして魂に刻まれ本物になって
いきます。

知ることを知り、知識の幅が広がることは、無限の喜びです。


ではお釈迦様の言われた、二つ目の不幸は何か。


それは、悪い友を持つことなのです。
世間一般に言う「悪友」とは違います。

より深く公正な目で物事を正しく見、知り得るには、先輩、後輩を問わず、良き友人の
存在が必要です。

そして、良き人の輪の中で健全に心は育ち豊かになっていきます。


お釈迦様は言いました。
良き友を持つことは、一生の財産であると。


良き友とは、一緒に前を進んでくれる人です。

共に人生を真面目に考え、常に人格の向上、そして心をより高くすることを求め、
その先に真理追究がある姿の人間関係を指します。

その様な友を持てる人は幸せです。


またお釈迦様は「人生の良き師を求めよ」とも言っておりました。


良き師、良き友を得ることは、人間を豊かに向上させるための最短の近道です。
その人たちと関わることで、お互いに魂そのものが進化していくのです。


しかし、その逆だったらどうなるでしょう。


人間関係で、悪意をもって陥れる人が身近にいると常に足を引っ張られるどころか、
悪の道に引きずられてしまいます。

向上心は無く、常に下へ下へと心も下に下がってしまいます。

今大きく社会問題になっている「いじめ」というのは、その典型です。

この場合の悪い友とは、常にまとわりついて足を引っ張ったり、邪魔をする人を
指します。
言い方を変えれば、身近に悪い人がいて関わりを持つことは、大きな人生の損失となります。



私たちは一人の例外なくこの世に生まれてくるときに、二つのテーマに基づいて人生を
送ることを目的としています。


その一つは、自らの心の成長、魂の向上です。


これはすべての人にあるので、嬉しいことがあったり、良いことをすると心が喜びます。
また、精神性の高い人や書物、芸術などに触れると心が小刻みにふるえます。

それは元々心の奥底に入っている、魂の向上という琴線に振れ、共鳴するからです。

逆に、その方向と逆の心を下に下げる働きがある、またいやなものを見たときには、
不快感や嫌悪感などを持ちます。

社会的にしてはいけないこと、反社会的行為、心なきいたずら、犯罪など・・・

それらのことは、私たちの心を暗くさせ、また憂鬱にさせたりします。
本来の目指す心の働きに対して、大きな抵抗感となるのです。

心の乱れも慢性化すると、本来の心をもすっかり忘れ、間違った方向に進む人も
後を絶ちません。

そして残念なことに、多くの人は下に足を引っ張る人の方に影響させられて
しまうのです。

ですから尚のこと、積極的に良き師、良き友を求め、その人たちと良き人の輪を
作ることです。

輪は和に繋がります。和は調和です。


では、もう一つの目的、それはこの地上のユートピア建設です。


まず私たち一人ひとりの心を調和させながら、私たちが生きている地球環境を
より美しく、調和させなくてはならないのです。

それは私たちに課せられた役割でもあるのです。

紛争や暴動の起こるところには、人々は争い、主義主張の対立で人々の心
は分断され、周辺の店のガラスは割られ、破壊され略奪される姿があります。

残念なことに世界を見渡しても、その様な場所は無数にあります。
そこには知識も教養も、そして良い人間関係もありません。

知識を広く深く得て心を豊かにし、そして良き友を作ることは、人類の平和にも
繋がっていくのです。


17021601.jpg


PDFファイルでも読むことが出来ます。

17021601.pdf

================================


「心と波動の勉強会」 ワークショップご案内


< 2月、3月開催予定地 >


・長野県長野市 社会福祉センター  

 2月26日(日) 一般研究コース 
 13:30~16:30


・新潟県上越市 謙信交流館

 3月04日(土)  一般研究コース
 13:30~17:00


・東京都品川区  中小企業センター

 3月19日(日) 応用研究コース
 10:00~17:30


・長野県長野市 社会福祉センター  

 3月26日(日) 一般研究コース 
 13:30~16:30


詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.selabo.jp/semi/wsnaiyo.html

お問合せ、お申し込み先はこちらまでお願いいたします。

SE研究所
info@selabo.jp
fax 026-403-2201


=====================================


商品のご案内


★SE集中力強化受験対策セット
http://selaboshop.cart.fc2.com/ca48/303/p-r-s/

★SE透明シール貼りまくり期間延長~2/28
http://selaboshop.cart.fc2.com/ca48/297/p-r-s/


=====================================


【SE研究所・ワークショップ】

【心と波動の世界・総合版】

【心と波動の世界・現象編】

【ダウジング通信講座実施中】

【SE研究所・波動ショップ】

【SE研究所・フェイスブック】




Copyright © 心と波動の世界・質問集. all rights reserved.