心と波動の世界の質疑応答集

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある方への励ましの言葉

ある方へのメールの返事です。

一部抜粋した文面です。

この方も家庭内の問題で、だいぶ苦労されているようです。

その方のためになるのかは、わかりませんが、このようなメールをいたしました。


今日は、結果的に良い日でしたか。

また、明日があります。


失敗したら、

つまづいたら、

挫折したら、

行き詰ったら、


明日またやり直しましょう。


明日は、昨日までのつまづきを修復するためにやってくるのですよ。


明日がだめなら、明後日いう時間が用意されています。

その次の日も、そのあくる日も・・・です。


神様は、希望を作るために明日という、未来を作られました。、


そして、もうひとつ


過去の失敗を修復して、帳尻を合わせるために、明日の時間を用意してくれました。

だから、今日の事、今日の葛藤は気にせずに、明日修復することを考えましょう。


傷が治れば希望になる、ということを信じて、今日はぐっすりと寝てください。

ではおやすみなさい。



--------------------------------------------------------------------------------



【SE研究所・ワークショップ】

【心と波動の世界・総合版】

【ダウジング通信講座実施中】

【SE研究所・波動ショップ】

【SE研究所・フェイスブック】







スポンサーサイト

ワークショップで心行の解説をしました

心行の原文は難しくなかなか理解できませんでしたが、今回かみくだいて簡単に説明していただきよかったです。

すごく良い内容の話を聞かせていただいて為になりました。
初めての参加でしたが最後の1時間はもう一度聞き直したい内容でした。

心行は人間の生きる上で絶対に必要な心の持ち方です。
よかったです。しかし難しいです。

私の課題は宇宙の真理を心の言霊によって表現された心行を、我欲の出ない自分になっていかに素直に接するかです。

数年前に聞いた解説とは違った印象でした。
今回は冷静な感じがしました。
どっちが惹きつけられるかになると前の方かな、とも思いますが、今回の方が深さがありました。

高橋信次先生はすごい人ですね。
娘さんの桂子さんには一度 大きな会場で、お話しを聞いたことがありました。
いつもありがとうございます。

この世に生きていることが大事! なるほど~と思いました。
この世でいろいろ勉強して吸収して、少しでも上の世界に行けるように、心を綺麗にしようと思いました。

自分の魂を磨くためにこの世に生まれてきてるのに、いつまでたっても戦争や争い殺人などがなくならないのは不思議です。

守護霊というのは 亡くなった先祖だとか思っていました。

あの世に行ったら何をしてきたか聞かれる!!?
やばいです。 何もない。
やっぱりボケーっと生きてちゃいけませんね。

感謝、 反省(過去)
毎回このような話しを聞いていると、少しずつ気持ち考え方が前向きになっていると思います。

心行の真の意を理解し実践することこそ、生きている意味を実感することだと思いました。

過去世から来世までつながっていることを理解し、あの世の仕組みを理解していけば必ずいつか地球上にユートピアが出来るのだと思います。


以上7月20日の長野と7月21日の品川ワークショップでの感想からの抜粋でした。
今回は高橋信次先生の説かれた心行をテーマにその解説をしました。


過去にも同じテーマで何回かやっておりますが、その都度即興でやりますので、解説の仕方も毎回違っておりますが、参加される方も、それぞれの思いで受け止めていただいているようです。

参加された皆さんも色々な気づきがある、貴重な時間を共有していただいたのではないかと思います。

心行というものを通じて、決して今だけの人生ではない、もっともっと永遠の生命の流れの中で今があるという視点から見た人生観を、お互いに持っていけるようになるといいのではないかと思います。

その中で得られる人生の意義、世界観により、物に対する共有の仕方も変わってくるのではないかと思います。

現実は相も変わらず、途切れることもなく世界中で多くの紛争が起きております。

領土問題や石油を筆頭としたエネルギー問題、世界企業とされる大きな力によって独占支配されるような資本主義の持つ構造的な問題、他にも政治がらみの色々な利権も働いている様です。

しかしそのような問題も、お互いの持つ世界観が大局的な、宇宙的な目に変わっていけば、やがては平和なユートピアの時代がやってくると思います。

そのためにはまず、自分自身の心の内面の静かなる革命、改革からしていく必要があると思います。

必要なのは心の平和と心の調和、生死をこえた世界観だと思います。

それが自然に外側に広がることで社会秩序の平和的安定と、貧困(経済、知識、教育、モラル等による不平等)が無くなる意味での、人間としてお互いに尊敬を持った、平等なる社会の実現になるのだと思います。

それは他人に強要するものではなく、まずは自分自身の心を変えていくということだと思います。

自らの心を変えていく人たちが、多くなったら多くなった分だけ、それに比例するように世の中は確実によい方向に変わっていくでしょう。

心の平和と社会の安定は、両輪の輪の様なものだと思います。

想像ではありますが、高橋信次先生の求める世界もそこにあったのではないでしょうか。


--------------------------------------------------------------------------------


【SE研究所・ワークショップ】

【心と波動の世界・総合版】

【ダウジング通信講座実施中】

【SE研究所・波動ショップ】

【SE研究所・フェイスブック】



ペットロスで苦しんだ

5年前に愛犬が亡くなった時、ペットロスからなかなか立ち直ることが出来ずに
長い間苦しんだ。

でも 今日のセミナーを受けて、あの子は自分が生まれてきた使命に果たして
天に帰って行ったんだ、ということがよくわかった。

だからこれからは次の段階へ進んでいいんだ。

もうメソメソしないと決めた。
いつか また会える時、笑顔で再会できるように、これからの人生も充実させていこうと
思うことができた。


これは昨年の7月20日の長野市でのワークショップの感想です。

テーマは、高橋信次先生が解かれた「心行の解説」でした。
これには、この世とあの世との関わり、心のあり方などが端的に書かれております。

この方はその説かれている内容を受け止めることで、過去に引きずっていた心の重荷を
整理されることが出来たのだと思います。

あの世の世界があることを知る、
過去から未来において、無限に続くともいえるような生命の存在があることを知る、

その中でこの世とあの世との関わりとのあり方を知ることは、人生において生きていくことの
意味、また永遠の生命の中での、今いる自分自身の価値を見出すことにもなると思います。

この方のように大切なペットが亡くなって、ずっと悲しみを引きずる人もいます。
また大切な人、家族を失い、心に重荷となって苦しみ続ける人も多いと思います。

私も、一昨年に母を亡くし、昨年の年末に父を亡くしました。

その時が来てほしくはなかったのですが、ついに来るべき時が来てしまったという思いでした。
その現実は、否応なしに受け入れなくてはならないことでした。

しかし、いつかは誰もが自分自身の存在も含めて、受け入れなくてはならないことなのです。

その時が来たときは、明るい心で見送ってあげましょう。
自分の番が来たら、明るい心で自分自身の心を天に持ち上げましょう。

そしてあの世で、親しかった人、大切なペットと楽しい再開が出来き、
その世界で再び一緒に生活が出来たら、その人の人生は幸せだと思えるのでは
ないでしょうか。



--------------------------------------------------------------------------------



【SE研究所ホームページ】
http://www.selabo.jp/

【心と波動の世界・総合版】
http://sefuti.seesaa.net/

【ダウジング通信講座実施中】
http://www.selabo.jp/tushin/info.html

【SE研究所・波動ショップ】
http://selaboshop.cart.fc2.com/

【SE研究所・フェイスブック】
https://www.facebook.com/groups/selabo/



振り子さんに何回も同じような質問してはいけないのですか?
振り子さんに何回も同じような質問してはいけないのですか?

言葉を変えて丁寧に質問すると又〜答えは、変わるものですか?
練習していると、わからなくなります。



このような質問を受けました。


同様に○○ですか?と「質問する」「聞く」という事を無意識に行っている方も
多いのではないでしょうか。

これは一般的なダウジングの本でもそのようにしましょうと、書かれている本が
ありますのでなおさらです。

私も最初は、そのことに関しては特に疑問には思っていませんでした。

しかしある時、誰に聞くの?

と、ふと思ったのです。

それはひょっとしたその人が信じたい、架空の神様を想定しているのではないか。

それはその人の中の妄想で勝手に、その存在を生み出したものかもしれないと
思いました。

ですから、自分の願望によって、現実とは違う自分に都合のよい答えが出てしまう。

でも現実は違うというギャップが出てしまいやすくなってきます。

また意図的に目に見えない存在に対して語りかけることは、その世界からの影響を
受けやすくなるのです。

その時に目に見えない存在の多くは低級霊であり、地獄霊であったり動物霊であったり
することが多いのです。

そのことを知らずにすると、その低い波動をまともに受けて、その人の心を蝕むことが
出てくる危険性が出てくるのです。

心の中で、潜在意識につながりましょう、ハイヤーセルフに、ガイドに、エンジェルに、
守護霊にと・・・言葉ではいくらでも言えるのです。

しかし、その実態を見れる人はほとんどいないのです。

みな、その世界とつながりたいという願望で言っているだけなのです。

しかし、心の向上も無しにその世界につながるほど、世の中甘くはありません。

大概が低級霊とのコンタクトとなってしまいます。

そして自らの心の浄化も図らずに、何モノかに語り掛けることはとてもリスクの
あることになると気が付きました。

もしも、ハイヤーセルフに、ガイドに、エンジェルに、守護霊にとつなげるにしても、
実際にその世界とつながるためのノウハウを持っているところはないのです。

般若心経の最後のくだりの、悟りの世界に入ろうといっている部分はあっても、
ではどうしたら悟りの世界にはいれるのかという部分が、そのお経の中には
欠落しているのと全く一緒なのです。

どうしたらという「HOW」という部分が明確であり、その実践方法があり、
それによって確実に心が出来上がっていかない限りは、ダウジング、ここでは
振り子測定ですがそれが本物になっていくことはないのです。

そこをしっかりと訓練していかないと、嘘八百の世界になりかねません。

そうするとダウジングというのは、一部の占い師やマニアだけのものであって、
いつまでたっても市民権を得られないということになってしまいます。

それではこの技術が持つ、あまりにも大きな可能性がこの世から消えてしまいます。

それでは、わたくしたち人類のすべての分野での向上にとっても、大変な損失に
なってしまいます。


そこで、このようにお返事をさせていただきました。


ご質問の件ですが、振り子に質問という表現ですが、これは絶対にやめてください。

SE研究所独自の方法がありますので、当日しっかりと身につけていってください。

「聞く」という習慣をつけてしまいますと、いつの間にか動物霊や、低級霊と
コンタクトが始まってしまいます。

こちら流の方式で身に付けるまでは、振り子はしないほうが良い場合もあります。

世間でいう方式でやりますと、通常の場合、いつの間にかコックリさんと同様なことを
してしまいます。

それから脱却するには、こちらでの方式をしっかりと理解してもらうことです。

それまでは、知りたいことはあるでしょうが、むしろしないようにしてください。

一度きちっとした説明を受け、その理論、仕組みを知れば「なるほど」ということに
なってきます。


ワークショップでも、このことは繰り返し繰り返しお話をしています。

SE研究所として行っている方法は、世間一般に行われているこのような一般的な
方法とは相入れないものとなっております。

しかしそれで、きちっと結果も出しております。

その違いを知り、心の向上を図りながら無限の可能性を見出しための方法を
知りたい方は、是非ワークショップの参加や通信講座の受講をしてください。

ひょっとしたら目から鱗かもしれませんよ。



【SE研究所ホームページ】
http://www.selabo.jp/

【心と波動の世界・総合版】
http://sefuti.seesaa.net/

【ダウジング通信講座実施中】
http://www.selabo.jp/tushin/info.html

【SE研究会・ワークショップ】
http://sefuti.seesaa.net/category/7282764-1.html

【SE研究所・波動ショップ】
http://selaboshop.cart.fc2.com/




○○は超意識からのメッセージ? -2
前回からの続きです。

前回のようにお返事させていただきましたところ、
また、このようなお返事をいただきました。



おはようございます。

いつもお世話になっております、○○です。

エネルギー、ありがとうございます!
痛みどめの薬の効きが急によくなったのか?と思ってしまっていましたが、
先生がエネルギーを入れてくれていたのですね!
納得しました!
エネルギーを入れるというのは、こんなにすごいんですね!

やはり先生にお話しさせて頂いてよかった。
とても心が落ち着きました。

高橋信次先生のお話も、とても心に染みました。
「愛の無い人に心の法則を教えてはいけない」
なるほど…と思いました。

今はいろんなテクニックや知識が簡単に手に入る時代になって
深く意味も分からずに、実際に自分が汗水たらして学ぶのではなく
本やネットで得た知識で、分かったようになってしまうという罠に気付かず、
よしんば気づいたとしても、お金や権力、名声のために気付かないふりをして
そういう知識を「愛」の名のもとに振りかざす人が多くなっているのだと
そういうことなのですね!

先生の言うとおり、そういう人たちの話には耳を貸さないようにします!

これからフーチを学んでいくにあたって、
いい勉強をさせてもらったと思ってとらわれないようにします。


腰痛の原因になっているものを、色々考えてみました。

私は断ることが出来ず、しかも断れない理由の一つに、人からよく思われたい、
頼られたい、必要とされたいという気持ちがあるのかもしれないと思いました。

そして、自分自身がきつかったり疲れたりしていても、頼まれれば引き受け、
無理ではなく無茶をすること、体を酷使することが多かったこと。
そして、その後に、体を労わるとか休憩するということもなく、凝りもせず
また次のことを引き受けること。

動かねばならないときと休むべき時というのをきちんとしていなかったこと。

つまるところ、自分自身を、特に体を全く大事に扱っていなかったことに
気付きました。

あと、こじつけか もしれませんが…
私はフーチを学んで、それをお仕事にしたいと考えていました。

どうせ仕事をするなら、人様のお役に立てることを(もちろん、あらゆる仕事が
尊いということは分かっています)ということと、実際に私が学んできて、
驚くほどのスピードで(自分で言うのもなんですが…)色んな気付きと成長が
あるように思います。
なので、たくさんの方にこのフーチを広めたい、そんな気持ちでいました。

ですが、バイトに忙しくしているうち、そういう気持ちが少し薄れたというか
バイトでやっていけばいいや…のような気持ちになったりもしたことがありました。

腰は体の中心で、とても大切なと ころだけに、
私の中心が少しぶれてしまったのかとも。

ですが、良い方で考えると、腰が痛くてあちこちと動きが取りにくくなった分、
フーチの勉強に時間がさけます。

何しろ気の短い部分があり、一足飛びに行ってしまいたくなる性格もあり、
これまでの部分を何度も何度も繰り返し、じっくりと自分に落とし込むには
最適な状況です。

痛い部分にエネルギーを流すという、自分の体を使った人体実験もできますし。


ところで先生、自分で自分にエネルギーを流すというのもいいのですが、
先生にやってもらうと、もっといいです。

それは先生だからエネルギーの量が違うというか、純粋さが違うというか
そういう違いももちろんあると思います。

後は、誰かからやってもらうと「愛」や「思いやり」というエネルギーもプラスされて、
贈られているのではないかと思いました。

もちろん、自分自身に流す時も「愛」と「思いやり」もプラスはされるのでしょうけど、
何だか違うのです。

自分で体のマッサージや肩もみしてもあまり気持ち良くなく、
でも、誰かに(たとえそれが力のない子供だとしても)やってもらうとことのほか
気持ちイイ何だかそんな感じです。

長文になり、失礼いたしました。
お読みくださり、ありがとうございました。


ということでした。
またまた、私からの返事です。


○○様

メールありがとうございます。

腰の具合大丈夫でしょうか。

良くなっても、そっと労わりながらしばらくは過ごしてくださいね。

○○さんの言われるように、今は情報も早いし、知識の吸収も昔に比べたら、
質も量もの雲泥の差でしょう。
でも、それで心が向上するわけではないのです。

だから、知ることを知ることは大事ですが、それ以上に心も豊かになっていかなければ
ならないですね。

知識と理屈が先行して、心の中にいたわりや、相手に対する思いやりがないと、
いつの間にか、

「正義の顔をした悪魔」

になってしまいます。

今、マスコミや知識人といわれるような人たちに先導されて、わたくしたち国民全体が
そのようになりつつあるように感じてしまうのは、私だけでしょうか。

いつの間にか、日本人本来のおおらかさからはずれ、全体的にヒステリックな空気が
漂っているような気がしてしまいます。

少なくても、人の困っていること、欠点、失敗、ミス、過ちに対して、いたわる心もなく、
正義のナタを振り下ろすことだけはやめたいものですね。

これは、毎日意識していかないと、いつの間にか・・・と頭の中が、世の中を先導する情報に
洗脳されていってしまいますから、自分自身の心の成長のためには、何が必要なのかを
しっかりと考えて生きていきたいものです。


腰についての原因を考えられることはとても良いと思います。

その生活習慣や、日常の思うこととそれに伴う行動に、誤りがあれば、それは二度と
繰り返さないという気持ちで、改めながら、適切な治療をされていけばよいと思います。

またエネルギーを入れるようにしますので、お大事にしてくださいね。


・・・と、そのようにお返事をさせていただきました。


腰のほうはといいますと、その後でこのようなメールをいただいております。


再度、エネルギーを入れて頂いて、ありがとうございます。

本当にかなり楽になっています!


よかったです。少しでも貢献できたことは、とてもうれしいことです。




【SE研究所ホームページ】
http://www.selabo.jp/

【心と波動の世界・総合版】
http://sefuti.seesaa.net/

【ダウジング通信講座実施中】
http://www.selabo.jp/tushin/info.html

【SE研究会・ワークショップ】
http://sefuti.seesaa.net/category/7282764-1.html

【SE研究所・波動ショップ】
http://selaboshop.cart.fc2.com/
Copyright © 心と波動の世界・質問集. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。