心と波動の世界の質疑応答集

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言ってることと、やってることが違いますね!!
--------------------------------------------------------------------------------

ある方から、こんなメールをいただきました。

お返事はしたのですが、最後にこの様に書きました。

「でも、面白い投げかけなので、これはブログに考え方を書こうと思います」

ですので、ブログに一つの考え方として書いてみました。


=============================================


こんばんは。○○です。

なぜ戸隠神社に行かれたのでしょうか?

言ってることと、やってることが違いますね!!

まあ人のことは言えませんが。

反論はご遠慮ください。

以上


=============================================


この方は、何か勘違いをされてしまっているようです。

言っていることと、行っていることを一致させることが出来たら、それはそれは大変すごいことです。

私自身も、言動一致になったらすごいな、と思います。

でも、どちらかというと日常生活の中では、言動不一致が多いのが私の現実の姿です。


それはさておきまして。

確かに、過去にというよりも、常々このような事は今でも、よく話をいたします。

神社仏閣に行って、そこにある神様仏様にお祈りしても、それはだめですよと。

それは偶像崇拝になるのと、ただ単にお願いになってしまうことが多いという事。


(それは願いが叶う仕組みにはなっていないからです。

会員さんには、会報CDのNo64の中で、「祈りと念の違い」という事でお話を収録してあります。

一つのものの見方として、参考にしてください)


そしてただ単に、お願いをさせるような御利益主体の場所には、人の短絡的な欲の念が集まりやすいのです。

また場所によっては、動物霊の棲み家になってしまったり、本来の目的とは違ってしまい、波動が落ちた場所になってしまうこと。

等々、様々な要因があるからです。


神社仏閣に行くこと自体が、どうかではないのです。

変な考えに囚われた、偏見を持ってはいけません。


それは、ほかの場所でも同じ事がいえます。

スーパーにしても、コンビニにしても、お店にしても、会社にしても、近隣の家にしても、劇場にしても、レジャー施設にしても然りです。

通常の日常生活の範囲でしたら、どこは行ってもよい、どこは行ってはいけない、ということはないはずです。

もし、そのようなことにこだわりがあり、またそのようなことで、人を批判的な目で見るのでしたら、それは心が小さいとしかいえないのです。

またそんな事をいちいち気にしていたら、逆に精神が病みます。

引き込もり生活しか、出来なくなってしまいます。

そうなったら、本末転倒です。


私が、なぜ神社仏閣に行ったのか。


その方は、その事でかなり私自身に、不満を抱かれているようです。

自分なりの見解を、書いておきたいと思います。

あくまでも、私一個人の考えです。

それを他の人に当てはめる気持ちはありません。


1 新年は、年という区切りの大事な節目です。


家で、ただ過ごすよりも、心を切り替え、新たな決意をするという意味で初詣に行くことはよいと思います。

実際に毎年、私もそうしています。

子供も連れていきます。

お互いに、気持ちの切り替えが出来るからです。


2 日本人のルーツを感じさせる場所なのです。


日本人の元々の心に触れる事が出来ます。

建造物から、ご神木を中心とした樹木から、その精妙な空間、空気から・・・です。

もちろん、心を込めて作った、神仏の姿からもです。

そこには、作り、奉り、守り続けてきた、という信仰心から生まれる真摯な心が感じられます。


3 そこにある神仏にお願いをしに行くのではありません。


今年すべき事、これからすべき事、自分自身で感ずる使命に対して全うできるようにするめ、その場所を通じて、天の世界に誓いを立てる場所にしているからです。

もちろん、自宅でもいいのですが、節目節目は場所を変えて心に緊張感を張り巡らすのです。


ですから、その観点から言うと、そこは願い事を叶えてくれるような、安易な場所になってはいけないのです。

本当は願いが叶うという事を謳って、商売をして欲しくないと思うのが、私の本音です。

ややもすると、そこに奉ってある神様、仏様にお賽銭と引き替えにお願い事をする、またお札を買う、お守りを買うということが、習慣となっています。

それは、本来の神社仏閣にある姿とは違います。


私の考える本来の神社仏閣という場所は


心を見つめ直す場所。

心を磨く場所。

心をきれいにする場所。

心を天の世界に結びつける場所。

そして、心の中で神の息吹を感ずる場所。


でなくてはならないと思っています。


高橋信次先生の著書に触れ、その事が分かったときから、私は目の前にある神様、仏様に対して祈ったことは一度もありません。

祈るときは、目の前に何があろうか、なかろうか関係なく、その瞬間常に、自分の意識は、一直線に天の世界に繋がるんだ、という気持ちでしています。

目の前のものは見ずに、心の中で遙か上空の世界を見ています。


ですから、その想いでいる限りは、どの場所にいても、祈りの場所は作れるのです。

どの場所でも同じなのです。

スーパーの休憩所でも、マクドナルドの中でコーヒーを飲みながら座っていても、同じです。


行く場所場所により、心が引き締まったり、ゆるんだり、またいやされたり、ということはあります。

しかし、それはあくまでも表面の話です。

それだけをみて、一方的な目で見ないことです。

心の中は、常にその人にとって理にかなった動きで、天にも通じ、またその逆の方の世界にも通じます。

どの場所だからではなく、どこにいても、一瞬一瞬の心の動きが、物事を決めていきます。


人を冷ややかな批判する目で見ても、その人にとって何も得るものはのはありません。

かえって、心が落ちるだけです。

人かどうかよりも、自分自身のあり方、心の向け方をしっかりと見つめて欲しいと思います。

人を見て、批判するのではなく、ならば、自分だったらどうするか、を常に考え、行動するところに、人間の成長があります。

この方の言いたいことは、分からないでもないですが、もっと本質的な事に心を振り向けなくてはなりません。



--------------------------------------------------------------------------------



【SE研究所・ワークショップ】

【心と波動の世界・総合版】

【ダウジング通信講座実施中】

【SE研究所・波動ショップ】

【SE研究所・フェイスブック】


スポンサーサイト

私たちを守って下さる仏様とは

「私の拝んでいる仏様の中で、

どの仏様が私の本尊なのか知りたいのです。」



最近このようなご質問を頂きました。

こちらに、その事に関連する事が書かれています。

http://blog.livedoor.jp/hihokari/archives/51654581.html


自分自身に対してどの神様、仏様が本尊として守ってくださっているか?

という事に対してですが、


ある特定の仏様などを拝むから、その仏様が本物として守ってくださる、

という事は決してないのですが、


心の求めに応じて、拝む対象物とは関係なしに、

今真剣に求めている事に関係するあの世の指導霊との言うべき人達が、

色々な形で導きをしてくれているようです。


ですから、興味関心が別に移り、その事に没頭すれば、

それに応じて、

あの世で協力し、導いてくれる人達もどんどんと代わってくるようです。


その辺りは、この世の人間関係と良く似ているでしょうね。


ですから、今一生懸命にやっている事に対して、心を込めて行えば、

これに関係したあの世の人達が協力してくださるという事です。


ですから、どんな神様、仏様が守ってくれるかというよりも、

いまやっている事に対して、真剣であればあるほど、


その事に関連している、

あの世のプロフェッショナルの人達が、

良い方向に導いてくださいますから、

そのような事は、特別考えなくとも良くなると思います。


それは、必ずしも、

一般的に出てくる宗教的な名前の神様、仏様ではないという事です。

医者には医者の、

政治家には政治家の、

大工さんには大工さんの・・・

という具合です。


ただ、霊能力大好きという人、そのような能力を求める人には、

仙人界という修行好きの世界の影響を受けるようです。

これは、一歩間違えると動物霊などの憑依をまともに受けますから、

あまりその世界には、関心はもたれないほうが無難です。


もちろん、人の心を救おうと、日夜真剣に宗教活動などをされている、

慈悲と愛の塊の人達には、

ホンモノの宗教としての導きが、あの世の高い次元の世界からあることでしょう。




●ペンジュラムを使った波動改善と潜在意識開発セミナーのお知らせ

SE研究会・長野市9月度セミナー案内
http://plaza.rakuten.co.jp/hhokari/022000

SE研究会・8月17日品川セミナー案内
http://plaza.rakuten.co.jp/hhokari/022001


【ダウジング通信講座実施中】
あなたも、天と繋がるホンモノの潜在能力を開花してみませんか
http://www.selabo.jp/tushin/info.html

【奇跡のSEカード】
あなたの人生を幸せに導きます
http://www.selabo.jp/shop/secard.html

【専用の質問箱掲示板です】。
ご質問はこちらに書き込みしてください。
http://bbs7.fc2.com/php/e.php/selabo/

【心と波動の世界・総合版」
http://sefuti.seesaa.net/

【メルマガ】
幸せを呼ぶ波動ライフ
http://mg7.com/cgi-bin/hp.cgi?id=17675

【今よみがえる高橋信次先生の教え】
http://www.mag2.com/m/0000147225.htm




身体の不調和について

いつもお世話になりまして、有り難うございます。
よろしくお願いいたします。

近頃、またどうも身体がおかしいのです。

夜、寝るにフトンにはいると身体がザワザワと寒くなってきます。
左側の肩のあたりから冷たい風でも入ってくるようになったり、足からなったりします。

どうも寝ると身体の温度が下がったように感じ、寝具も冷たく感じてガタガタと震えるように寒く感じます。
(寝具自体は冷えてもいないし普通のものです)

私だけ寒がりになって厚着をし、フトンも何枚も掛けます。

人体図を使って毎日1~2回エネルギーを入れたり体操もしていますが、何が原因かわからなくっております。

今までも同様のことがあり、何回も病院に行っていますが、たいした病気でもなく、というより原因がわからないのです。

私はお仏壇にあげてぬるくなったお茶を、別の容器にいれて飲みますが、家族は冷えた様なものを飲むそれが原因だといいますが、どうなんでしょうね。

穂苅所長なにか原因が解りませんでしょうか。
波動で治れないかと思っています。
改善するような何か方法があればご指導いただきたいのですが、よろしくお願いいたします。



どうされましたか。

霊的な災いかどうかは、分かりませんが、
気にすると、ますますそのような作用を受けやすくなるのも事実です。

寝るとき、両手を胸に当てて、体温で胸を暖かくするのと同時に、太陽のエネルギーが手のひらを通じて入っていくイメージをされるのは如何でしょう。


あと、頭から順に、足の先まで、ひたすら、

頭よ、ありがとうございます。
顔よ、ありがとうございます。
肩よ、
腕よ、
内臓諸器官よ、・・・


というように、足の先まで、全てに感謝の瞑想や祈りをしてみて下さい。

それも出来るだけ丁寧に、細かく行ってみてください。


感謝のエネルギーは、体の細胞レベルまで温かくしていくはずです。


それと、この内容で気になる事が一つありますが、

仏壇にあげているお茶ですが、これは飲まないほうが良いでしょう。

ただ単に冷たいから、というだけではなく、仏壇自体は色々な波動が入りやすい所です。
また、水自体、悪い波動を吸収する働きがあります。

流れている川は浄化作用が起こりますが、
止っている水は、浄化作用が起こりません。

それだけに、それは想像ですが、

仏壇周りに悪い波動があった場合、置いてあるお茶にもその波動は吸収されます。

そのお茶を飲むと、体調を崩す事は十分ありうる事です。


信仰心の延長線で、良かれと思ってされているのだとは思いますが・・・

宗教的な事は、する事で逆に悪い影響を受ける事が多いのも事実です。

出来れば、お経やお題目も含めて、全て止めてみてください・・・

という、私からのお願いです。


うっかりしますと、低い波動の救われないあの世の人たちが、集まってきてしまいます。

確実に浄霊が出来るのならば、それでもの構いませんが、本当に出来る人はごく少数でしょう。


普通はやはり、

「触らぬ神に祟りなし」

です。


神だと思っていても、地縛霊や動物霊の集まりです。


医者に行っても、分からない事は沢山あるのです。

それは、その医者がヤブだ、というのではなく、目に見えない世界からの影響があると、まずお手上げです。

そのような勉強はしていないからです。

また、医者でそのような事を言ったら、医学会の世界でつま弾きにされてしまうでしょう。

また、医者の立場で、患者さんに、
「あなたは、悪霊がついていますよ。」
と言ったら、驚いてその患者さん、逃げ出しますよ、きっと。

まあ、そんなものです。


こちらでも、調べれば色々と分かると思いますが、

まず、疑わしきは、排除です。

目に見えない世界との関わりを持つような事や行為は、全て足を洗っていただいたほうが良いと思います。

この場合の目に見えない世界というのは、この地上に漂っている波動の重たい、救われない霊たちのエネルギーの世界です。


太陽エネルギーを思い描くという事は、本質的なエネルギーをいただくという事で、世間で言うような霊的な世界との接点を求めるわけではありません。

その辺りは、ここに書いてある事とは混同しないで下さい。
全く、別次元の話ですから。

まずは、何をするかという前に、
そのような要素を生活から一つひとつ、外していってみてください。


【ダウジング通信講座実施中】
あなたも、天と繋がるホンモノの潜在能力を開花してみませんか
http://www.selabo.jp/tushin/info.html

【奇跡のSEカード】
あなたの人生を幸せに導きます
http://www.selabo.jp/shop/secard.html

【SE研究所ホームページ】
http://www.selabo.jp/

専用の質問箱掲示板です。
毎週、月曜日の22:00から集中してお答えしています。
ご質問はこちらに書き込みしてください。
http://bbs7.fc2.com/php/e.php/selabo/

【メルマガ】
幸せを呼ぶ波動ライフ
是非登録してください。
http://mg7.com/cgi-bin/hp.cgi?id=17675

【心と波動の世界・総合版】
関連ページが一つにまとめられています。
http://sefuti.seesaa.net/

天の意思
世界中に数え切れない程の信仰や宗教があり、ご神仏様がお祀りされ、平和や幸せを願っていることですが、何ともならない様な世界中で勃発する戦争やテロ等、アジアでもテポドン、拉致問題や飢え餓死、難民。

また、日本でも何回も異常気象に見回れたり不景気、異常的な事件など、近頃では天候でさえ年々おかしな事になってきていると思いますが、何かが違って来ているのかと思います。

ご神仏様の意に沿わないことが多いのか、波動が合っていないのか、願いが叶っていないのか、何かが違っているのでしょうね。

これは各家庭でも個人でも同じと思いますが。
どうなのでしょうね。
何とかる方法がないものかと思います。

人間の考え方のパワーが天につばを吐く様な状態でそうさせているのかなとも思いました。



神は宇宙にひとつであり、また宇宙全体そのものでもあります。

それを理解できない人たちが、人間の頭で捉えた教義で、勝手に色々なものを作ってしまいました。

世界宗教である、キリスト教、仏教、イスラム教、あるいは神道も元は全て同じ高次元の世界から、宇宙の本質を捉え、受けた啓示宗教であります。

それが、後々の人の解釈、また受ける人の器、魂のレベルによる認識のできる差によって、大きく変化してしまいました。

殆どの宗教が、いつの間にか、教祖を崇める、偶像を拝むなどという事になってしまいました。

その元で、仮に世界平和を祈っても、よほどの純粋な思いでないと、あの世の高い次元の世界には通じないのではないでしょうか。

どこかの宗教に属していると、大概の場合、祈るとき、拝むとき、開祖や教祖を通じての波動が入ってしまいます。

その教祖がホンモノであればいいですが、なかなかそうはいきません。

残念ながらニセモノが多いのです。


祈るほうは、純粋であっても、教祖の心の姿勢が間違っている場合、そのような祈りをする限りは、その間違った波動を受けてしまいます。


また、中近東は、サタンの影響をまともに受けています。
それだけに、混乱がまだまだ続きます。
アメリカは、常に平和という口実の元、やはりその影響で、紛争の火種をさらに大きくしていきます。

これには、強烈なカンフル剤が必要です。
どうにもなりません。

やがて、イエスキリストの本体が生まれて、またまた自己犠牲という強烈な方法で解決させる事でしょう。

それ以降に、ようやく世界は一つの方向にまとまるのだそうです。

まだまだ、100年以上先の話です。

(高橋信次先生の予言による)


あの世から、強制的に直さなければ、そこの人たちが、気づかないと判断された場合、天変地変が起こります。

そして、リセットしてしまうのです。
それをしなければ、もっとひどい状態になってしまうからです。

旧約聖書のバベルの塔みたいなものです。


皮肉な事に、紛争はどこまで行っても争いが消えず、憎しみが怨念のように続きますが、天変地変の時は、お互いに協力して助け合うようになっていくのです。

そして、紛争と違って、恨む相手がいないため、人々の意識を変えやすいのです。


もちろん、調和された環境、また、神に近い心の人の周囲には、大きな災害は起こりません。


今は世界中の様子がマスコミを通じ、或いはインターネットを通じて手に取るように入ってきます。
それだけに、心配される向きもあると思います。

しかし、まずは、ご自身の周辺の環境を光輝くものにしていきましょう。

気づいた人同士の、お互いが平和な心を伝えることによって、その場所は天から守られた場所になっていきます。

まずは、そのような環境を、心ある人たちで、日本中に作るのです。

そして、その「心」を世界に輸出するのです。

このことで、徐々に世界が平和になっていくものだと思います。

一人ひとりが、闇を照らすロウソクの炎になりたいものです。

世界の平和、ユートピアの道は、まずは自分自身の心にあることを良く自覚してください。

日本人の魂は、みな偉大です。
その心を持ている人々が、今の日本には大勢生まれてきています。

そういった意味では、私達は、もっともっと自分自身を自覚しなければいけません。

世界に対して、それだけの、大きな使命を持っているのが日本人なのです。

専用の質問箱掲示板です。
毎週、月曜日の22:00から集中してお答えしています。
日頃の悩み、ご質問はこちらに書き込みしてください。
http://bbs7.fc2.com/php/e.php/selabo/




神社仏閣

神社仏閣や御祈願などは私たちが本来思っているような効力や期待はどうでしょうか。
全国の有名な神社仏閣の御札はやはり効力、パワーがあるのでしょうね。
良いエネルギーだけだと思いますが、なかなか神力顕現されにくいこともありますね(ご神仏様に失礼かな)
人によって違うとか、ご神仏様との相性やご神仏様にも得意、不得意があったり、願う方の人間性や波長や何かの程度、基準などで神力顕現なされるのでしょうかね。
ご神仏様は神社仏閣などのご本殿なのか、どちらにいらっしゃるのでしょうね。
しかし、確かに目に見えない不思議と思えることや偶然や有り難いことはありますね。



元々は、神社仏閣は波動の高い場所に建てられているはずです。

ただ、そこに拝みに来る人の波動の影響は、ばかになりません。
お願い事が多いほど、その場所の波動は下がります。

そして残念な事に、ご利益信仰を表に出しているところほど、動物霊の巣になってしまいます。


本来は今存在している事への、感謝の思いを表す場所でなくてはなりません。

今の神社仏閣は、まるで叶う事の出来ない、アラジンの魔法のランプみたいなものです。


神仏は、我々の心の中を通じた世界に存在しています。

外にあるものに拝む事で得られるものではないのです。

もし、それで得られたとしたら、動物霊か、仙人界の波動、あるいは天狗界の世界の波動によるものでしょう。

よくよく気をつけなければなりません。

もしも、それで叶ったとしても、必ず何かを代償にされてしまうはずです。


ただ、何かの区切りとして、そのような場所で、心を新たにされることは良いでしょう。


波動が精妙である場所の神社仏閣では、その場の持つエネルギーによって、来る人の心も浄化してしまいます。

ですから、そのような意味では、祈りが通じやすくなると思います。


祈りが聞かれるのは、そこの神様が聞いて下さるのではないのです。

その人の心に元々専属で見守ってくる、あの世の人たちのお陰です。

(私達も、あの世に戻ったら同様な事をして、この世の人を見守るのですよ。)

たまたま、その場所の波動が良いと心の波動が高まり、ご自分の潜在意識に存在する見守ってくださる存在と、コンタクトが取れやすくなっただけの話です。

ですから、どこにいても、心を純粋に、あるいはきれいに保つ事で、祈りは聞かれるはずです。

神社仏閣は、実は私達の心の中に荘厳なる輝きをもって存在し続けていることを知ってください。

それを外側に求めると、間違いの元になってしまいます。

モーゼの
「汝、偶像を拝む事なかれ」
の通りです。


専用の質問箱掲示板です。
毎週、月曜日の22:00から集中してお答えしています。
日頃の悩み、ご質問はこちらに書き込みしてください。
http://bbs7.fc2.com/php/e.php/selabo/



Copyright © 心と波動の世界・質問集. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。